スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高効率エネルギーシステム導入費補助金

2005.10.31 (Mon) / 過去のブログ

省エネ

簡単に言うと高効率ガス給湯器を設置すると高槻市を通じてNEDO(新エネルギー産業総合開発機構)から導入費(機器代・工事費)の1/2を補助してくれるというものです。


ほとんどのご家庭では、日常あまり意識はしないと思いますが、お湯をつくる給湯設備が設置されていますね。ガス給湯機、石油給湯機、電気温水器、エコキュートやエコウィルなどです。

その中でガス給湯機に関してですが・・・

給湯機は作動している時に熱い熱風を放出しているのをご存知ですか?従来型の給湯機は約200度の廃熱を放出しているのです。それらがヒートアイランドの原因の一つにもなっています。

新しい高効率給湯機は、燃焼ガスからさらに熱を吸収して熱効率を95%にまで高め、廃熱の温度を約50度にまで低減しています。(従来型は熱効率約80%)

さらに地球温暖化の原因となるCO2排出量は従来型に比べ、1年で杉の木に例えると12.6本分もの吸収削減効果があるのですね。

効率が良いわけですから当然ガス代も安くなります。標準的な家庭で年間約15000円ほどのガス代が節約できます。さらにガス代も割引になります。

それなら、従来型より高効率の給湯機のほうが良いに決まっているじゃないと思われるとかもしれませんが、普及率は今ひとつなのです。

なぜなら、機械が高いのです。従来型の給湯機は、うちの会社ではメーカー希望価格の60%OFFで販売しているように値崩れしています。取替工事費を含めて従来型では24号フルオートタイプで20万円のものが、高効率だと35万円もかかります(当社比較)。それでいくらガス代安くなるといっても、元とるのに8年程かかり、めちゃめちゃお得とは感じてもらえないのですね。損得よりエコに対して意識の高い方以外には、なかなか選択していただけていないのが現状です。

今回、高槻市だけなのですが、その高効率給湯機を導入した場合、費用の1/2が補助金としてもらえます。つまり35万円が17.5万円ですむわけですから、従来型に比べ導入費も2.5万円安く、10年使ってガス代が20万円近く安くなる!

これはもうお得に決まっていますよね! そろそろ給湯機取替のタイミングが来てる方、ぜひご検討ください。

ただし予算が決まっています。6000万円の予算枠しかありませんから300軒程度です。予算枠に達した時点で締め切られます。

高槻市在住の方、お早めに!


人気blogランキング いつも応援ありがとうございます。只今6-8位で争っています。今日もクリックお願い! 


「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。


スポンサーサイト

私の人生観

2005.10.30 (Sun) / 過去のブログ

新しい人事考課の資料として、自己分析シートを社員全員に提出してもらいました。内容はいたってシンプル。

目標。自分の強み・弱み、目標達成に向けてのプラス要因・マイナス要因。具体的アクション。楽しみ方。の4つです。

今回はサンプルとして私が先に書いて皆にメールしました。それで書きやすかったのか、皆かなり充実した内容の回答を寄せてくれました。

目標を定めて、それを達成することで自信がつきます。人はそれの繰り返しで成長するのだと考えています。自分自身のことをよく知って、明確な目標をたて、それをどう実現するのか具体的な計画がなければなりません。

マラソンの42.195キロを気合と根性だけでは走り抜けませんものね。

私の場合、

一度きりの人生。自分の選んだ道でどこまでやれるかチャレンジすることで、自己実現と自分の人生の価値を見出したいという人生観と、

「喜んでもらう喜び」 人に喜びを与えることで得られる自分自身の喜び、自分への評価、自分を取り巻く人間関係全ての事象がポジティブな回転を生み出し、結果、自分自身の人生に良い影響を与えるという信念を持っています。

皆と共に夢の実現にむけて思いを新たにした1日でした。


人気blogランキング いつも応援ありがとうございます。只今6-8位で争っています。今日もクリックお願い! 


「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。


子供の性格や将来は子供部屋が作る!?

2005.10.27 (Thu) / 過去のブログ

明日、朱夏のスローライフセミナーで「子供のため、自分のための空間づくり」という話しをさせていただくために、原稿を考えていました。

ちょっぴり挑発的なタイトルですが、子供が成長していく過程で“環境”というものが大きく影響を与えます。環境と一言でいっても様々な環境がありますが、“室内環境”つまり自分の部屋もその一つですね。

子供部屋は必要か? どれくらいの広さがいるか? どの方角にある部屋が良いか? 机やベッドはどう配置すればいいか? 内装や家具の素材や、色は? 部屋の明るさは? 足を冷やしてはだめ? 子供部屋にTVやゲームは必要か? 健康に悪い部屋とは? ・・・

建築の知識だけでなく心理学や統計。一部風水なども取り入れてお話ししたいと思っています。

教育に自信がもてない親御さんが増えて、過保護、過干渉の親が増えているそうです。基本的に良い子供室とは、自分から自発的に勉強をしやすく、また、精神的にも安らげる環境をつくり出すことです。

限られた中で、いかに子供さんの成長に良い環境をつくってあげれるか。参加される方も真剣だと思いますので、何か参考にしていただけることをお伝えできればいいなと思っています。



人気blogランキング いつも応援ありがとうございます。今日もここをクリックお願いします 


「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。





秋は夕暮れ

2005.10.26 (Wed) / 過去のブログ

一週間ぶりの更新です。

毎日続けて書いていると、あぁ、今日も書かなあかん! と一種義務感みたいなものが働いて更新できるのですが、忙しさやらで数日抜かすと、まぁ、今日もいいか・・・なんて思ってしまいますね(苦笑)。


秋の陽はつるべ落しと言いますが、すっかり日が暮れるのが早くなりました。

「秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたる・・・」でしたっけ。清少納言の言うとおり秋の夕暮れは風情があります。

秋は陽の光もやさしいと感じます。春もやさしいですが、キラキラした光ではなく、もっとおちついた感じ。春が花や新緑を、秋は万物の実りを照らすからでしょうか。

人生を四季に例えて、青春、朱夏、白秋、玄冬というそうです。

青龍(東)・朱雀(南)・白虎(西)・玄武(北)それぞれの方位の守り神と関連があります。ある本によると、青春は25歳くらいまでで、人生の礎を築く時期。朱夏は 一番長くて一般的に社会で第一線で働く65歳くらいまで。定年の後、90歳くらいまでが白秋で、それ以上が玄冬と書いてありました。

秋の夕暮れは、少し物悲しさも感じますが、風情は感じながら、・・・人生においてはまだまだ夏真っ盛り!頑張ろう!と心に誓いました。

(写真 流れ橋 京都府八幡市)


人気blogランキング いつも応援ありがとうございます。 


「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。






明日ひとと木リニューアルオープンイベントです

2005.10.19 (Wed) / 過去のブログ

連日遅くまで作業をすすめてきた長岡京店&ひとと木が、ようやく98%くらいは出来上がりました。明日・明後日のイベントには支障がない程度には出来たと思います。

長岡京の店は賃貸で建物の2階部分を借りているのですが、有名建築家が建てたコンクリートと鉄とガラスの建物です。建物を“建築物”と捉えれば、斬新なイメージでとてもステキな建物ですが、そこに住むと、これは少々窮屈で、建物にあわせて過ごさなきゃいけません。例えば、大きなガラス面は開閉できませんから、エアコンや換気扇を常時つけなければ空気が篭ってしまう等です。

コンクリートの箱(マンションなど)に住むと、何年か寿命が短くなるとか、キレる子供が多いとか、アトピーの子が多いなど、統計を元にした話しが色々言われています。真偽の程は、私もまだよくわかっていませんが、ひとつ言える事は、日本人がコンクリートの箱(マンション)に住むようになったのは、ほんのここ数十年の事。

日本の気候風土や、有史以来木造の家に住んできたDNAが、環境の変化になにかの影響をもたらしているのでしょうか。機密性とハウスダスト・シックハウスなどの問題が影響しているのは間違いなさそうです。


そんなこともあって、今回コンクリートの箱の中に、無垢の木と塗り壁だけでつくった木造じゃなく“木装”の空間をつくってしまいました。木や塗り壁はビニールクロスや合板のフローリングを貼るのに比べて、格段に調湿効果が高いです。精神安定効果というのも期待できます。

精神安定効果では、加えて室内でも育つ観葉植物の視覚効果と、純度の高いエッセンシャルオイルで香りを演出、照明も工夫してみました。

それでも建物の固有の条件で空調と換気は依然欠かせませんが、そこにじっとすわっていると、私自身は前に比べて大きな違いがあると感じます。

皆が、コストや利便性の問題で木造住宅に住むことは出来ませんから、マンションに暮らす方には、コンクリートの箱の中でもできる“木装住宅”、これはぜひお勧めしたいですね。

話しだけ聞いていても実感わかないと思いますので、ぜひ一度遊びに来てください!


人気blogランキング ここをクリックして! 
またひとつランクが下がってしまいました。応援よろしくお願いします。 

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。


人と向き合っているか

2005.10.17 (Mon) / 過去のブログ

日曜日、大津市にある叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)の寿長生の郷(すないのさと)に行き、巌陶房の鈴木氏とお話ししました。

同氏は信楽焼きの若手作家ですが、お話しをしていると、とても共感できるところが多かったです。それは、一言で言うと、「人と向き合おうとしている」ところです。

陶芸も、個展作家のように世間と隔離された工房に篭って、自分の作風を追及する方もいれば、使う人を見つめている人もいるんだなぁと関心して聞いていました。有名作家の名の元に高い装飾用の器をつくるのではなく、買った人が、その家族が、作者の作品ではなく、自分のものとして、生活に馴染んで使ってもらえるようなものを作りたいと話されていました。

私の仕事もそうです。“家”というのは、他のパブリックな建築物と違い、その人、その家族のためだけにつくるものですから、その家族の「そこから(つくった後の)の暮らしを考えて造らなければなりません。私の作品ではなく、その家族と一体にならなければなりません。

お互いのつくる“器”が、それを使う人(住まう人)を輝かせるようにしたいですねと意気投合しました。



人気blogランキング ここをクリックして! 
またひとつランクが下がってしまいました。応援よろしくお願いします。 

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。




月曜日、1日限りのフリーマーケットやります。

2005.10.15 (Sat) / 過去のブログ

暮らしギャラリーひと木で、17日(月)に、HANAKOさんのお知り合い、アンティークショップ画燈樹さんが中心になって、”ステキなフリーマーケット"を開催されます。

リライフ&家守り 長岡京店 そして併設の暮らしギャラリーひと木のリニューアルオープンイベントの第一弾です。お時間が都合つく方は、お気軽にお越しくださいね!

実はまだ工事は終わってなくて、サインや棚類、家具などが揃っていません。それと、植物ですね。今回はフィトライフの岡山さんに全面的に依頼しています。
“人と木”のコンセプトは、建築材料としての木だけではなく、生きた植物も加えた空間で構成されます。

月曜日のフリーマーケットも来ていただいて、植物が入ったそのあとの20日・21日の“最旬キッチンライフを体験!”のイベントにも、ぜひお越しいただいて、その空間を体感していただければと思います。



人気blogランキング ここをクリックして! 
いつも応援ありがとうございます。 

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。




来週はイベント盛り沢山!

2005.10.14 (Fri) / 過去のブログ

17日(月)       長岡京店  フリーマーケット

20日(木)・21日(金)長岡京店  最旬キッチンライフを体験!

ギャラリー「ひと木」備え付けのオリジナルキッチンとクリナップ、サンウェーブの最新キッチンの比較、調理体験。アンジェラのキッチン雑貨の展示販売など。

21日(金)       アンジェラ 自分だけの癒しの空間をつくろう!
オリジナルの洗面化粧台を作ってみよう。アンジェラの洗面化粧台の取り付け実演と、参加者が、自分でこんな洗面がほしいというイメージをパースにしていただきます。

23日(日)       水無瀬神宮秋祭り

毎年リライフも参加しています。毎年大好評の餅つきをやります。振る舞い餅は行列ができます。お越しいただいた方には “離宮の茶”さし上げます。

28日(金)       朱夏セミナー スローライフを楽しもう!

今回は子育て中のお母さん対象に、子供部屋の作り方、お母さん自身のくつろぎのスペースの作り方などをアドバイスします。


興味のある方は、ぜひご参加ください!


(写真:アンジェラ店内の風景)


人気blogランキング ここをクリックして! 
いつも応援ありがとうございます。 

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。

長岡京店リニューアル

2005.10.13 (Thu) / 過去のブログ

遅れていた長岡京店と暮らしギャラリー「ひと木」のリニューアルオープン。
20日のオープニングイベントに向けて、毎日深夜まで作業しています。

ギャラリー「ひと木」は、自然素材をふんだんに使ったこだわりの空間です。名前の由来である“人と木”のふれあい、やさしいぬくもりのある空間にしたいと考えました。

以前新聞にも取り上げられましたが、地域の方々に、コミュニティーの場として活用していただくことを目的に、フリースペース、ギャラリーとして開放します。1日3000円でお貸ししますので、フリーマーケット、個展、各種イベント等にぜひ活用してください。

あと塗装を残すだけなのですが、社員有志で塗っています。ドイツのリボス社の塗料と、アメリカのミルクベースの塗料、そして蜜ロウのワックスを使用しています。

さぁ、これから私もペンキ塗りに行ってきます。(写真のところを塗ってきます)



人気blogランキング ここをクリックして! 
いつも応援ありがとうございます。 

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。


サロネーゼ

2005.10.12 (Wed) / 過去のブログ

今日、シティライフのUさんとMさんが来社され、色々な話しをしました。

“サロネーゼ”

「自宅サロンを主宰する主婦のこと」を言うそうです。ミセス向け雑誌「VERY」が取り上げて有名になったとの事。

昔からある、いわゆる習い事の教室との最大の違いは、ファッション・インテリアなど主催者である先生の自宅を訪れることで“ライフスタイル”全般を見習うことにあるというのです。

自分の得意な事、好きな事を、自宅という自分自身のライフスタイルそのものを表現している空間で、共感して訪れる人に教える。自分らしさを発信することにより、さらに自分自身が輝ける。  ・・・女性なら憧れますよね。


サロンという形式だけにかかわらず、“好きを仕事に”したい女性は沢山いらっしゃると思います。。“暮らしを楽しむ”や“スタイルのあるくらし”を提案しているリライフとしては、アンジェラなども活用しながら、そういう方々を多面的に応援していきたいですね。

近々、具体的な企画立ち上げます!


人気blogランキング ここをクリックして! 
いつも応援ありがとうございます。 

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。