スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石釜焼きのパン

2007.01.31 (Wed) / 過去のブログ

をやろうと思っています。

もちろん 上牧 二十四節記 で販売するために。



ガスじゃないですよ、薪でですよ。

本格的な石釜づくりにチャレンジです。



ワクワクします!




スポンサーサイト

エニアグラム

2007.01.30 (Tue) / 過去のブログ

事務所内で女性社員が「エニアグラム」の話しをしていて、自分もやってみたくなり探したらエニアグラムとコーチングというサイトがありました。ウェブ上で自己採点できます。


皆さんも自分を知るのに一度試してみては?


私の場合、タイプ3と7と8がほぼ同じ点数でした。

うーーん、どれも該当するような気がするし。。。



20歳以下の時を思い出して答えてくださいということでしたが、今の立場・言動からすれば、やっぱり私はタイプ3かな???



心得

2007.01.27 (Sat) / 過去のブログ

「二十四節記」は建築工事と平行して、事務所では各種マニュアル・規定づくりの作業が進められており、一昨日からシェフのM君も合流してレストランのメニューづくりなども始まっています。

私のほうは今“心得”を執筆中。


「二十四節記」で働く者によく理解しておいてほしい“心得”です。


なぜ二十四節記なのか、それはどういう思いがこめられているのか、あなたに何をやってほしいのか。施設に来られるお客様に対してどう接するのか。


マニュアルというのはその性質上、仕事の範囲を決めるものです。


ファーストフード店ならマニュアルでいいのでしょうけど、今の我々の仕事も、「二十四節記」でも、決められた範囲の仕事さえすれば良いという職場ではなく、自分で考えて行動する力が求められます。


心得”に書かれていることはある意味当たり前と思われることばかりです。でもそれを高いレベルで実行しようとするととても奥深いもので、誰でもそう簡単に真似ることのできないものです。


心得”を皆がよく理解し実践するには、それを補完するもうひとつのしくみと、皆が真剣にそのことに取組めて、いきいき働ける職場環境が必要ですね。




五感で感じてもらい、お客様に「二十四節記に来ている自分がステキ」と思っていただけるような施設にしていきますので、どうぞご期待ください。




本当の格差社会!?

2007.01.26 (Fri) / 過去のブログ

収入面で格差が広がっていることについて「格差社会」とマスコミはよく言いますが、


経済的な問題だけでなく、「意識」の面でも格差がひろがっているんだと聞きました。


意識の貧富の差


意識の高い人は創造的な生き方をさらに進め、それによって生まれる財も愛も大きなものとなりますが、意識の低い人は破壊的な生き方をし、財も愛もなく行き当たりばったりの一時的な快楽に身を委ねるような生き方になる。


今、そういう二極化がどんどん進んでいっているというのですね。


「生きる」ということへの意識です。 生きる動機、目的、意味等。。。



殺人事件、自殺、偽装・・・  連日のニュースを見ていて私もそうかも知れないと思います。



与えられた自分の生きる時間を大切にしたいし、楽しみたい。でもそれは過去があって現在があるんだから、できるだけ未来の人に負担を強いるようなことは避けてあげたい。


経済的にお金は無いよりあったほうがいいけど、人生の目的がお金とは考えていないので、私は意識が豊かな方の人生を送りたいです。


そうなる為には、やっぱりそうなれるようにがんばらないといけないですね。






新会社始動!

2007.01.24 (Wed) / 過去のブログ



RESロゴマー決定案.jpg


本日より、100%出資の子会社 株式会社リライフエコソリューションズ が始動しました。


住宅の電気・上下水道・ガスや太陽光などの自然エネルギーに関する商材・工事を専門に取り扱う会社ですが、今年度中には独自のビジネスモデルでフランチャイズ事業に本格参入する予定です。


リライフエコソリューションズ(略称 RES) どうぞご期待ください!





阪急京都線上牧駅近くに建築中の複合商業施設「二十四節記」オープン予定日が本日決まりました。

当初計画より遅れてしまったのですが、5月13日(日)”母の日”にオープン致します。


オープンに先立って、10日(木)、11日(金)両日にはレセプションを行います。詳細が決まりましたら関係各位にはあらためてご連絡させていただきます。






10年前に会社設立した時とは隔世の感がありますね~。

今は「二十四節記」を建設するといって1億円規模の先行投資ができますが、あの当時は全然お金なかったですからねー。


リフォーム始めたばかりの頃、チラシ印刷するのに印刷屋に頼んだら数万円かかるのを躊躇していました。これで反響なかったらどうしよう・・・と。

それでエクセルで原稿を作成して、スピード印刷で安いとこ探して、手分けしてポスティング。 「反響の電話なかった?」と外出先から何度も会社に電話したこともありました(苦笑)。


10年というのは、早かったような・・・、長かったような・・・。



でもいろんなことを学ばせてもらいましたし、歩んできた道も間違ってはいないと思っていますので、これまでの経験を活かしてさらなる発展を目指したいと思います。



私の場合、いつも口癖の「一度きりの人生、どこまでできるかチャレンジしたい」です!



明日で10年

2007.01.23 (Tue) / 過去のブログ

会社を設立して10年。。。



明日は会社(リライフコーポレーション)の10歳の誕生日です。



そしてリライフの10周年の日に、子会社である株式会社リライフエコソリューションズを設立します。


10年という節目なので大々的に記念行事を行おうと前は考えていたのですが、春にリライフの将来を担う「二十四節記」の第一号施設が高槻市上牧に完成するので経費節約のために、施設の完成記念と、10周年記念と、それから昨年のグリーンシート株式公開の行事もやってないので、その時に全部まとめて記念行事やることに決めました。


そんなわけで明日は特に行事はしませんが、10年無事やってこれたことに感謝致します。


お客様、公募に応じていただいた株主様、協力業者様、社員とその家族の皆さん。


皆様、本当にありがとうございます!!





手水鉢(ちょうずばち)

2007.01.20 (Sat) / 過去のブログ

知り合いの不動産会社さんから、「古家を解体するけど、石や材木、あんたとこで使えるものあったらあげるで」と声をかけていただいて見に行ってきました。


大きな平屋の家なのですが建売住宅で使う程度の木材料しか使ってなくて、残念ながら古材として梁や柱で再利用できるような材料はありませんでした。



ただひとつ目にとまったのは庭に置いてあった手水鉢。

CIMG1709.jpg


特に珍しいものではないですが、錆びた色合いから、建築中の上牧「二十四節記」のどこかに使えるかなぁと思ってもらうことにしました。






先日植木を見に行った時に産地の方も言っていましたが、最近は住宅の洋風化で「松」や「槙」など、一時は庭に必ず植えた木が今は全然人気がなく売れないそうです。

今日見に行った家にもあったんだけど、、、使うところないし、、、



どなたか植木要りませんか? 



要りませんか?と言った後で言うのもなんですが、風水では「門かぶり(かつぎ)の松」はご法度です。

家を建てた時だけ隆盛でそれ以降衰えて絶家となる運命だ言われています。




。。。この家もそうだったのかなぁ??と、ふと頭をよぎりました。






不都合な真実

2007.01.19 (Fri) / 過去のブログ

明日は二十四節気の「大寒」。


寒の真ん中で、一年で最も寒い時期なのですが・・・

今年の冬も暖冬でそれほど寒くないですね。


太陽の黄経が300度のときをいい、旧暦12月丑の月の中気で24節気の最後の節。明日から2月の節分までを大寒と言い、節分の翌日は立春で春の足音が。。。






明日封切られる「不都合な真実」


325452view001.jpg



アメリカで公開されるやいなや、ドキュメンタリー映画史上に残る記録的大ヒットとなった話題作。アメリカの元副大統領アル・ゴアが、温暖化へと突き進む地球を憂い、温暖化によって引き起こされる数々の問題を説く。監督は「24 TWENTY FOUR」や「ER緊急救命室」など、人気TVドラマのエピソード監督として手腕を振るってきたデイビス・グッゲンハイム。地球の危機を訴えるアル・ゴアの真摯(しんし)な姿勢とユーモラスな話術が作品の魅力を高めている。


あえて「大寒」の日を選んで封切ったのかなぁ??




この映画見たいなと思っています。



初値つく!

2007.01.18 (Thu) / 過去のブログ

やっと本日グリーンシート市場で売買が成立しました。
公募価格86000円に対し、初値は90000円でした。


昨日発表しましたリアルポータルサイト事業の開始。そして既報の通り来週24日には新会社リライフエコソリューションズ(RES)の設立・事業開始と、昨年たてた中期事業計画に基づく新規事業が相次いで始動し始めます。


今後既存リフォーム事業と不動産事業とのシナジーを高め、公募の際の会社説明会でお話ししたように、ここ2~3年のうちに今とはだいぶ違う高収益企業へ変貌をとげてまいります。




いずれの新事業も収益に寄与するのは実際のところ来期以降なので、今期は新規事業への投資負担を吸収してなお、開示しています前期並の利益は最低確保しなければなりません。


そういう意味で当社にとって今期は正念場となるのですが、皆の士気も高いですし、環境も悪くありませんから株主様の期待に答えられるようがんばって結果をだすぞ!と決意を新たにしております。


引き続きご支援の程よろしくお願い申し上げます。




名称決定! 「二十四節記」

2007.01.17 (Wed) / 過去のブログ

本日「新規事業の開始及び新施設建設に関するお知らせ」を開示致しました。


リアルポータルサイト事業の開始と、現在高槻市神内に(仮称)ヒーリングコンプレックスとして建設中の新しい施設の名称が決まりましたのでお知らせします。


「二十四節記」

ネーミングの元となっているが「二十四節(にじゅうしせっき)」。節気の“気”を「記」に置き換えたものです。


二十四の節気は、旧暦の時代に1年間の太陽の動きを24等分して区切り、季節の移り変わりがわかるように生み出されたもので、現在でも馴染みのあるものが多いです。


小寒 (しょうかん)
大寒 (だいかん)
立春 (りっしゅん)
雨水 (うすい)
啓蟄 (けいちつ)
春分 (しゅんぶん)
清明 (せいめい)
穀雨 (こくう)
立夏 (りっか)
小満 (しょうまん)
芒種 (ぼうしゅ)
夏至 (げし)
小暑 (しょうしょ)
大暑 (たいしょ)
立秋 (りっしゅう)
処暑 (しょしょ)
白露 (はくろ)
秋分 (しゅうぶん)
寒露 (かんろ)
霜降 (そうこう)
立冬 (りっとう)
小雪 (しょうせつ)
大雪 (たいせつ)
冬至 (とうじ)


古来、農耕民族であった日本人は、「二十四節気」を目安に、季節の移り変わりにあわせた暮らしを上手に工夫し、自然から学んだ知恵を生かした生活を営んできました。

季節の移ろいを感じることは、テクノロジーの進化した今日では忘れがちな、やさしい気持ちを呼び覚まし心豊かに暮らすヒントを与えてくれます。



心豊かに暮らす。そして季節や身近な環境をいとおしく思う気持ちを育み、環境にやさしい暮らし方を目指す。 衣・食・住のうち、「食」と「住」を中心に、そういうコンセプトで情報発信していきたいという思いをこめてネーミングしました。


「二十四節記」 どうぞご期待ください!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。