スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株主優待制度

2007.03.19 (Mon) / 過去のブログ

昨年12月に開示しております株主優待ですが、3月31日現在の株主名簿および実質株主名簿に記載された株主様が対象となります。


1~9株の株主様は上牧二十四節記 レストラン&カフェ “コンテ”で飲食代が10%割引となります。期間中何度でもOKです。株主様と同伴された方の飲食代も割引させていただきます。



株式公募の際に、10株お申し込みいただいていて、抽選で8~9株になってしまった方が何人かいらっしゃったので心苦しいのですが、10株以上の株主様は、なんと飲食代が20%OFFとなります。



もうすぐ3月末の権利確定日です。

カフェやレストランをご利用いただける方は、株主優待制度ぜひご活用くださいね。



もうひとつ忘れていました。

株主様は 上牧二十四節記 オープンの際に、レセプションにご招待させていただきます。

株主様には後日ご案内を差し上げますので、ぜひご出席いただきますよう、よろしくお願い致します。

スポンサーサイト

けんちくざっか 名前決まる

2007.03.18 (Sun) / 過去のブログ

「二十四節記」でオープンする“けんちくざっか”というあたらしいカテゴリーの店の名前が決まりました。


「RARO」 ラロと読みます。 


イタリア語で「めずらしい」という意味の単語、raro(ラーロ)が語源です。


「ラロ」 最初なんだか言いにくい感じですが、「ラロ、ラロ、ラロ・・・」って声だして続けて24回言ってみてください。




ほら、なんとなく馴染んだでしょ。もう忘れませんよ(笑)




気泡が入ったガラス、ゆらゆらのガラス

アンティークのレンガ

棚板にすれば存在感のある古材の板やバーンウッド

いろんなアイアン製品

その他照明器具、オリジナル家具、ステンドガラス、おしゃれな水栓金具・水廻り製品、ガーデニング製品…


言葉だけじゃわからないですね。それぞれいろんな商品ありますけど、建築のプロとしてこれまで数多くの施工で培ったセンスで、リライフが厳選した味わいのあるものばかりを取り扱うセレクトショップにしたいと思っています。



先日、東京ビッグサイトで開催されていた建築建材展に行ってきたんですけど、例えばアイアン製品、数社出展されていましたが、何か違うんですよね~。


無骨というか、無粋というか。。。


「なけりゃ、つくってしまえ」と言う事で、アイアン製品などもオリジナルのものつくりたいと思っています。



5月13日母の日にオープンします。「RARO」ご期待ください!


雑貨のほうも、これでアンジェラ、ひととき、RAROの三姉妹となります。それぞれ個性を発揮して、ますますパワーアップします!


きっとあなたの探し物がみつかります。そう、ワクワクするような生活シーンを演出するものが。





ジャンクスタイル

2007.03.17 (Sat) / 過去のブログ

来週、3月24日(土)、25日(日)と京都パルスプラザで開催される「住宅リフォームフェア in 京都」に当社も出展します。


リライフの出展コンセプトは今回は“ジャンク”です。商標登録している「古美る」にも通じる内容ですね。


昨年秋に万博公園で開催されたロハスフェスタに持ち込んだミニチュアハウスを改造し、ジャンク流に少しアレンジして持っていきます。


当日は、リライフエコソリューションズも近くのブースでメーカーさんの協力を得て「オール電化」の実演展示を行いますし、アンジェラ・ひとときの雑貨部隊も応援参加。



社員の半数近くが参加する大々的なイベントになってしまいましたが、リライフという会社のことや、どういう仕事をしているのかなど、フェアにお越しいただいたら、それだけで雰囲気つかんでもらえるのではないでしょうか。


フェア集客増を狙って、今回のフェアでリライフブースにお立ち寄りいただいた方々には、なんと! 

5月にオープンする「二十四節記」のプレオープンのイベントに特別ご招待という特典を設けました。このフェアに来場するしか得られない権利なのです。


大手の○○ハウスなども出展されていますが、負けずにがんばるぞ!


ぜひ皆さん来てくださいね~!





2周年

2007.03.15 (Thu) / 過去のブログ

ブログを始めて今日でちょうど2年になりました。


自分の世界観とも言うべき「不易流行」が書き始めでしたね。

江戸時代の俳人松尾芭蕉が、永遠に変わらない価値を「不易」、時代とともに変化し新しく生まれる価値を「流行」という言葉で表現したもので、不易を究め、流行を知ることにより「風雅の誠」を求めたといわれています。


私は俳句をするわけではありませし、松尾芭蕉のように風雅の域に達しているわけではありませんが、自分なりに、世の中の出来事に対するモノの見方、仕事上の様々な意思決定などで「不易」と「流行」を見極めようとします。


例えば、

お客様から支持されない商売は、古今東西永く繁盛したためしがありません。

支持されるか否かということの要因に、お客様から支持されるモノ(商品・技術・サービスなど)を扱えているかどうかということがあります。そのことはとても重要なことです。しかし、それだけで決まるものでもないと思うのです。



一発狙いのビジネスならそれでも良いのかもしれませんが、私の場合、事業を持続的に発展させることを「目的」にしています。


永く繁盛している店(会社)には、まだ他に重要な要素があると考えます。


それは、お客様を大切にすることだと私は思うのですね。


。。。それが事業を持続的に発展させることを目的としている私にとっての「不易」の部分ですね。





たった2年ですが、目まぐるしくいろんなことがありました。

2年前に頭に描いていたことで、その通りに実現できたことがあります。今これから実現しようとしていることもあります。2年前には想像もしていなかったことがおこったこともありますね。



さぁ、来年の今頃はいったい何をしているのでしょうか。




風見鶏

2007.03.14 (Wed) / 過去のブログ

CIMG1788.jpg


皆が「あったほうが良い」と言うもので、風見鶏をつけました。


。。。工事もいよいよ佳境にさしかかって、良いか悪いかは別として、いろんなものが当初自分が描いていたイメージとだんだん違うものになってきてしまいました(汗)


最初に施設の模型をつくって全体のイメージ・統一感、細部の仕上げを煮詰める予定だったのですけど模型をつくる時間がなくて、工事やりながら現場であれこれ決めていますけど、やはり最初にきちんとイメージつくっとかないとダメですねー(苦笑)。





テナント募集!

2007.03.12 (Mon) / 過去のブログ

上牧で建築中の「二十四節記」。

5月13日にオープンしますが、実は雑貨店の倉庫として当初計画していたスペースを、倉庫ではあまりにもったいないのでテナントとして貸すことにしました。


約4坪程の小さなスペースですが、施設の中央に位置し良い場所です。


レストラン、カフェ、パン、花屋、雑貨店以外の業種で、「二十四節記」のコンセプト、リライフの理念と同じ方向性を持っていただけるお店なら歓迎します。


もしご希望の方がありましたらご連絡お待ちしています。





焦る。

2007.03.10 (Sat) / 過去のブログ

DSC_2401.jpg


阪急電車の上牧駅から見た「二十四節記」の今日の姿です。


ようやく建物は全部棟があがったのですが、5月10日のレセプション(オープンは13日)までちょうどあと2ヶ月。。。

日々仕事は進んでいるものの、写真見て改めて実感。


やばいです。


何がやばいかって?


工事はなんとか工程通りには進んでいるものの、私が決めなければならない細部の納まり、仕様、手配しなければならない材料。。。。



まだまだ山のようにあるんだと遠目に見て改めて実感(汗)




・・・すみません。自分だけしかわからない話しでしたね。






会社四季報 未上場会社場版

2007.03.09 (Fri) / 過去のブログ

東洋経済新報社さんから「会社四季報 未上場会社版 2007年下期版」をいただきました。


CIMG1782.jpg





知らなかったのですがグリーンシート登録企業欄があって、登録会社は無償で掲載してもらえるみたいです。


CIMG1784.jpg





1年前は知っている人しか知らない会社だったのですが、グリーンシートで公開したら、それなりにあちこち名前が露出するようになってきましたね~。




今建築している「二十四節記」も積極的にプレスリリースして、マスコミに取り上げてもらうぞ! ・・・と思っています(笑)



四季報のほうも、はやく上場会社版に載るようにがんばります!






啓蟄

2007.03.05 (Mon) / 過去のブログ

明日は二十四節気の「啓蟄」です。

冬篭りしていた虫が、土の中から這い出してくる頃。いよいよ春ですね。


幸い私は花粉症でもないので自分の生まれ月のこの季節好きなんですけど、昨日は現場作業してたら半そででも良いくらい暖かかったのに、天気予報では明日からまた寒くなると言っていました。一旦あたたかくなって、寒さがぶりかえすのは結構身体にこたえますから、皆さんも体調崩さないように気をつけてくださいね。




余計なお世話ですが、

今日ある人が「三寒四温」という言葉を使っていました。三寒四温は晩秋から冬にかけて三日間くらい寒い日が続いたあとに四日間暖かい日があり、七日周期で天気が変化することを意味する言葉で、この頃と間違う方がよくいらっしゃいますので注意しましょう。



名前決定! 「Co・N・Te」と「ラ・スレーニャ」

2007.03.01 (Thu) / 過去のブログ

上牧 二十四節記 のカフェ&レストランの名前が決定しました。


「Co・N・Te (コンテ)」



コルディアーレ   心からの、真心こもった      

ナチュラレッツァ  自然な、ありのまま

テネレッツァ    柔らかさ、やさしさ  


3つの頭文字をとって、元々のイタリア語の「conte=あなたといっしょ」という意味にかけて名づけました。


地産地消 2階が地元の季節の有機野菜を中心としたイタリア料理のリストランテ。1階は気軽にお茶が飲めるカフェです。オープンテラスもあります。




本格的に薪で焼く石釜パン工房の名前も決定しました。


「ラ・スレーニャ」です。



イタリア語で薪のことをレーニャと言います。“ス”は上という意味です。


ス レーニャ = 上薪 ??


阪急上牧(かんまき)駅近くなので、上と薪、、、上薪、、、上牧と同じ発音ということでこじつけました(苦笑)。色々考えた名前が皆すでによそで使ってあったので、あれこれ思案した結果そうなったのです。


ネタばらさないほうがよかったですかね。


意味はともかく、「ラ・スレーニャ」 中身は本格的ですよ。

薪で焼く石釜パン、しかも天然酵母を使います。


天然酵母ですので温度・湿度・時間の管理が難しいですし、釜の温度と外気温や風の影響、、、結構難しそうですが、がんばってやってみます。


ひょっとしたら納得できない出来上がりの日は休業させてもらうかもしれません(苦笑)




5月13日オープンですので、よろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。