スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

2007.12.31 (Mon) / 過去のブログ

何年かぶりに大晦日まで目一杯仕事をしました。

たくさんのプランや見積りのご依頼をいただいていて、自分で言うのもなんですが、12月はほとんど休みなしでよくがんばったと思います。


暇より忙しいほうがよっぽど嬉しいっす ޥ



今年も今日で終わりですが、お世話になった多くの方々と、1年無事過ごせたことに感謝!


皆様ありがとうございます!




スポンサーサイト

短縮語

2007.12.27 (Thu) / 過去のブログ

今年の流行語になった『KY』

KY=空気が読めないという意味ですね。

その他にも、私など聞いてもなんのことやらさっぱりわからない短縮語が氾濫しています。



若者の間で流行ったり、仲間うちで意味を理解し合えるのは良いと思うのですが、言葉というのは相手に伝わってなんぼだと思います。


特に仕事で、営業で、一般のお客様と接する時に使う業界用語・専門用語や短縮語は注意が必要です


例えば、


営業が電話で 「では、明日げんちょう にお伺いさせていただきます」と言ったとします。


げんちょう って皆さんなんだかわかりますか?


リフォーム工事でお客様宅を確認させていただくことを「現地調査」と言います。それを短縮して“現調”と呼んでいるんですね。






どんな仕事でも、どんな業界でも、専門用語や慣例で短縮して使う言葉はたくさんあります。しかし、それは仲間内などで分かり合えるもので、お客様や他の部署の人には極力使わないほうが良いと思うんですけどね。



私は、あたかもその道のプロだと言わんばかりに専門用語・短縮語を連発する人見ると、なんだか逆にバカにしてしまいます。


お客様に喋る場合、気をつけて極力専門用語を使わないこと。使う場合には意味をちゃんと説明しろ!と、うちの営業には常に言っていますし私も率先して心がけてます。



喋ってる人間が自分だけ理解しててもダメ。当たり前ですが、会話というのは相手に伝わってなんぼのもんです。


相手に伝わる伝わらないということは、仕事においては、インフォームドコンセント(説明責任)という観点からも非常に重大なことですね。






年末年始休暇のお知らせ

株式会社リライフコーポレーション 建築・不動産並びに管理部門は、12月28日(金)より1月7日(日)までお休みさせていただきます。

尚、二十四節記は、12月31日(月)から1月4日(金)までお休みさせていただき、
新年5日より営業いたします。


二十四節記は新しい土地活用のご提案

2007.12.26 (Wed) / 過去のブログ

richer_cover.jpg

先日、雑誌の表紙にも取り上げていただきました。




リライフのプロディユース&運営する郊外型複合商業施設『二十四節記』は、実は土地活用のビジネスプランなのです。


土地のオーナー様が賃貸マンションを経営するのとよく似ています。


土地をお持ちのオーナー様に施設を建築していただき、それを一括してリライフが借り上げ、テナントを誘致するところから施設運営全般をトータルにサポートするシステムです。


少子化などで立地の悪い賃貸マンション経営は今後ますます難しくなります。当社の開発条件にあう土地であれば、有利な資産活用としてご検討いただけるものと自負しています。





ただ残念なことに、○○建託さんや、○○パレスさんのような強力な営業部隊が当社には居ません。ご提案させていただくオーナー様との接点を見出すことが大きな課題なのです。


不動産業者の方、もちろん一般の方もかまいません。土地のオーナー様でご存知の方がいらっしゃればぜひ情報をお寄せいただいたいと思います。


成約に至った際は業者さんなら仲介手数料、一般の方でも紹介料として謝礼をお支払いさせていただきます。


土地のオーナー様にとって新しい土地活用の手段であり、話しを聞くだけでも決して損はありません。


また、強引な営業は一切行いませんので、先様へご迷惑がかかることはありません。


200坪程度の土地から様々なプランに対応できます。


当面は、京阪神地区で土地を探しています。



皆様の情報をお待ちしております!



詳細・不明点は、お気軽にお電話ください。

  株式会社リライフコーポレーション リアルサービス部

         075-961-1177 担当 石橋






今年を振り返る

2007.12.25 (Tue) / 過去のブログ

今年もあと1週間。。。


今年も1年あっという間に過ぎていきました。

ひとつ一つの出来事を振り返ったら、いろんなことがあったし、いろいろやってきたなーとしみじみ思うんですけどね。


去年の今ごろはまだ

CIMG1497.jpg

↑ こんな状態だった二十四節記


CIMG1786.jpg

建築中


CIMG1804.jpg




CIMG2526.jpg




CIMG3144.jpg




今年前半はこの二十四節記の工事にかかりっきりでした。


5月にオープンしてからも、しばらくはべったりへばりついていました。
なにしろ当社にとって社運を賭けた大きな投資です。飲食事業も全くの新規参入ですし、複合商業施設の運営というのも初めて。おまけに夏場猛暑の中、植木の水やりを毎日続けたのも初めてでした(苦笑)


二十四節記のほうは、多数のリピーターのお客様に支えられ、良いスタッフにも恵まれて、おかげさまで計画通りの成果をあげています。また、たくさんの雑誌に取り上げていただいて、予想以上の反響の大きさには正直驚いています。


ただ、私自身があまりにも二十四節記に集中しすぎて、本業の建築・不動産事業で抱えていた諸問題に対する対応が遅れ、結果、前期業績が不本意なものとなってしまったことが、今年最も反省すべきところです。






リフォームという仕事は、目に見える商品が無く、自分たちの提案力や施工技術はいったいどれくらいのものなのか、なかなか他社と比較する機会がなくて、自分がよく見えなかったのですが、この1年あまりの間で、施工事例を競うコンテストに応募してわかったことがあります。

日本増改築産業会(ジェルコ)主催のリフォームコンテストで優秀賞を受賞

リフォームユーザー向けインターネットポータルサイトホームクリップ社主催の『生活者が選ぶリフォーム施工事例コンテスト」では、最優秀賞を受賞させていただきました。


もうひとつ応募していた照明コンクールでは、まだ正式な発表がありませんが、数日前に一報があって、二十四節記が賞をいただいたそうです。

img625ef951zik4zj.jpg


それらのことは、手前味噌ではありますが、客観的に我々の提案力・施工技術がこの業界においてトップクラスに位置するものだと自信を深めることになりました。





二十四節記という他社にはないモデルハウスのような目に見える施設と、累計1万件以上におよぶこれまでのリフォーム施工実績。その間に得た教科書には書いてない かけがえのない様々な体験・経験値。無形の財産である5000名以上の顧客様。前述の通り各種コンテストで高い評価を得た提案力や施工技術。


これら持てる強みを十分発揮できるリライフ独自のビジネスモデルを不動のものに
すること
が我々の来年の大きなミッションなのです。





リアルサービス部

2007.12.23 (Sun) / 過去のブログ

リライフはリフォーム会社というイメージが強いのですが、実は、新築工事も、分譲住宅の開発も、不動産仲介や土地活用のご提案も、飲食事業も、そして雑貨小売もやってる会社なのです。

このブログでは二十四節記のことや、リフォームのことばかり書いているので、たまには不動産のことも紹介してくれというスタッフからの要望が!?





当時父親が社長をやっていた共同商事株式会社という会社の建築部門を分社するかたちで設立したのが、今のリライフコーポレーションでした。11年前のこと。


そしてその共同商事を6年前に吸収合併し事業を継承。リライフの不動産部(現リラルサービス部)として再編したのです。





小さな店ですが、2年前に改装して、現在はこんな感じです ↓

CIMG3223.jpg


CIMG3225.jpg



不動産屋らしくないでしょ。





最近、実は私はほとんどこの店の2階の事務所に居るんです。


新築の案件やら、不動産の売買、次期分譲住宅のいろんな計画・折衝など、スタッフ共々忙しい毎日を過ごしています。





古谷君、ずっと休みなしで私につきあってもらって感謝してます!





株主総会

2007.12.21 (Fri) / 過去のブログ

第11回 定時株主総会 006.jpg


本日10時より、リライフの本社のある島本町のふれあいセンターケリアホールにて第11回定時株主総会を開催致しました。


ご出席いただいた株主の皆様、お忙しい中ご出席いただきありがとうございます。


前期は誠に不本意な結果しか出せませんでしたが、今期はかならず皆様のご期待にそえるようがんばりますので、今後ともご支援ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。




リフォーム見学会

2007.12.15 (Sat) / 過去のブログ

今日明日、お施主様のご好意でリフォーム見学会を開催します。

12月15(土)・16(日) 午前10時から午後4時まで


大阪府三島郡島本町青葉
(阪急 京都線 上牧駅下車 徒歩7~8分)



シャルマンC水無瀬


コンセプトは、“知らず知らずに自然を感じる空間”



壁・床・建具に自然素材をつかった健康・環境に配慮した住まいです。



二十四節記から歩いて5分ほどの距離にあるマンションなので、
二十四節記にお越しの際にぜひお立ち寄りください。

(場所はけんちくざっかraroのスタッフにお尋ねください)






イチ押しの床材!

2007.12.14 (Fri) / 過去のブログ

新しく取扱いを始めた北米産アルダー材のフローリング。


以前東京ビッグサイトで開催された建材展に行って交渉してきたもので、ようやく日本での販売が開始された商品です。



IMG_5908.jpg

色はラスティック、アンティーク、カントリーの3色。

国内メーカーの合板フローリングの上位クラスと同程度の値段で、幅150ミリ、厚み19ミリです。


アメリカでの施工例


Rustique Japan 1 sml.jpgCountry - bedroom.jpg



写真ではよくわからないかも知れませんが、色や風合いがいいんですよねー


私、イチ押しの床材です!


リライフでは2月末までキャンペーンでお安くなっています。

詳しくは営業担当者にお問い合わせください。






求人募集中!

2007.12.11 (Tue) / 過去のブログ

【設計部員】 …若干名

  新築・リフォーム、当社開発物件の設計業務全般

  当社の家づくりのコンセプトに共感していただけるということが
  前提条件。一・二級建築士や経験者で、設計業務経験のある方
  優遇します。

  より具体的な仕事内容は、

  当社開発分譲住宅の開発に伴う企画・申請・お客様との打合せ
  等の業務
  リフォーム営業担当より依頼されるリフォーム案件の設計業務
  建替新築案件の設計・申請業務
  当社施設「二十四節記」開発業務
  土地活用提案案件の企画・設計・申請等の業務
  店舗案件の設計業務

  その他設計付帯業務
  
  


【建築営業】 …若干名

  建替新築・リフォームの提案営業

  当社の家づくりのコンセプトに共感していただけるということが
  前提条件。

  飛び込み訪問等は一切なし。

  イベント等による見込み客づくり
  リピート・紹介案件への対応が主な集客業務。

  そして、受注・顧客管理業務は、
  一般的なリフォーム案件では、営業担当者が設計担当者と協議
  しながら自らプランを考え、積算担当者と協議しながら見積りを
  作成し、受注業務を行ってもらいます。

  工事は工事部に引き継ぎ現場管理は工事担当者が行います
  が、大手ハウスメーカーのような分業ではなく、
  お客様との窓口は最初から最後までずっと営業が担当します。

  当社の考え方は、

  品質
  お客様満足(感動)
  会社利益

  ある意味で相反関係にあるこの3つのことを、バランス良く
  しかも高い次元で実現することだと考えており、営業担当者にも
  それを踏まえた上で、計画数値を達成することを求めています。



  ご希望の方はぜひ一度会ってお話ししましょう!





THANKS運動

2007.12.05 (Wed) / 過去のブログ

先日、ケーブルテレビで、高槻の中学校の生徒会が『THANKS運動』という取り組みをやっているのを見た。

T: 「TIME」を守ろう!
H: 人にやさしく!
A: あいさつをしよう!
N: 仲間を大切にしよう!
K: 決まりを守ろう!
S: 掃除をきれいにしよう!

もちろんTHANKS、「ありがとう」「感謝の気持ち」という意味も含まれている。


平成18年度(2006年度)冠中学校教育方針



当たり前と言えば当たり前の事だが、大人も満足にできていない人が多いのに、偉いなーと思った。


恥ずかしい話しだけど、うちの会社も事務所も「ただいま!」と帰っても「お帰り」とも言わず自分の仕事だけやってる人がいるんだよね~。




その言う私は、、、「掃除をきれいにしよう!」は出来てないけど、、(苦笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。