スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鎮祭

2008.02.29 (Fri) / 過去のブログ


今日は4年に一度しかない閏(うるう)日。


大安で、十二直の納(おさん)新築吉日。
また、神吉日(かみよしにち、かみよしび)で、神事に関すること吉とされる日。


お天気も良く地鎮祭日和でした。



CIMG3612.jpg

工事始め





スポンサーサイト

オートワールの民家

2008.02.28 (Thu) / 過去のブログ

初めてお会いする方から、二十四節記の建物のことをよく尋ねられます。


「何かモデルとなったものがあるのですか?」と。


「洋書などを見て」と答えるんですが、たぶん相手の方はイメージできないと思います。

会話がそれ以上続かない ޥ


そんなことで、参考にした本の写真の一枚をお見せしちゃいましょう。


CIMG3585.jpg

フランスのもっとも美しい村のひとつで、ケルシー地方オートワールの民家。

(ヨーロッパの家2 講談社刊より写真を拝借)




それをイメージにつくったのが、リストランテコンテの建物 ↓


DSC_0381.jpg



円柱の塔と煙突が似てる??



石やレンガで造られて何百年もたって味わい深いものを、木造の新築で、しかも高さなど法令上の制約のなかで表現するというのは、なかなか難しいものですね。








こんどはカフェ

2008.02.24 (Sun) / 過去のブログ

今度は箕面でカフェのお店づくりです。


カフェは、大山崎で店舗併用住宅を新築されるフェアリーベルさんもいよいよ工事が始まりますのでカフェ続きです。


二十四節記のコンテで厨房機器の使い勝手を確認していただいたり、開業までの一定期間、うちのカフェコンテで働いて(実習)いただいて、おおよその仕事の流れをつかんでいただいたり、什器備品や食材、雑貨の仕入れルートもご希望によってご紹介したり、うちの経営ノウハウで参考にしていただけるものはお教えしたり、、、


プランニング、施工、コンサルティングまでやってます。


しかもですよ、設計料(確認申請など実費は除く)もらわないし、コンサルタント料や授業料なんてのも、もちろん貰わない!



昔はよく、近所の大工さんで工事をしてもらうと、どうしても“家っぽく”なってしまうから、、、ということで、うちに店舗のお仕事いただくことが多かったけど、自社でも飲食業や雑貨などのお店を経営してきて、建築だけでなく、多面的にお役に立てるようになってきたと思います。



これもリライフの強みですね å



商売して、お客様に来ていただこうと思えば、お客様がその店に行きたいと思う何かがいりますよね。


少々料理が美味しい程度の売りでは、そんなお店はたくさんあるし、かっこ良い店つくっても、宣伝が上手でも、中身がなければリピーターは増えないし、価格競争を生き抜こうとすれば、そうとう体力いるし。。。


さて、どうするか。




それは、CM2の後でޥ (テレビの見すぎ!)




答えは、際立たすものと、バランスだと思いますよ。







やるほど仕事は味がでる

2008.02.19 (Tue) / 過去のブログ

リアルサービス部事務所の壁に掛かっている日めくりカレンダー。

今日、はじめてカレンダーの存在に気づいた ۤ

日頃から見てるようで、見えていないものってあるんですね。




「やるほど仕事は味がでる」


どんな仕事でも、辛抱して取り組むうちに興味が沸いてくる。
その仕事の奥の深さもわかってくる。

そして自分なりの工夫を重ねることで、さらに大きな喜びを味わえる。
仕事というのは、やればやるほど味がでてくるものである。




自分で言うのもなんですが、昔より、確実にいろんな引き出しをつくってきたし、まだまだ貪欲にいろんなことを吸収したいし、チャレンジしていきたいです。


“仕事というのは、やればやるほど味がでてくるもの”


まさにその通りだと思いますね。




以前の関連記事

 守破離

30代まではインプット、40代はからはアウトプットの時代






黒板

2008.02.18 (Mon) / 過去のブログ

先日工事をおえたM様邸。

リビングと和室の取り合いの建具の1枚を黒板仕様に。

CIMG3509.jpg






さすがにやったことはないけど、
壁全体が黒板の部屋なんてのも子供は喜ぶかなー ޥ



※もちろん、黒板が不要になる時期がきたら、簡単に、安価に、
 その部分だけリフォームできるようにしておきますけどね。





できました

2008.02.16 (Sat) / 過去のブログ

1月16日の日記で書いた、カラオケ「カトレア」さん。

できました。


CIMG3543 (2).jpg

最大18名座れるカンター席と最大20名座れる堀座卓席


CIMG3544 (2).jpg

65型のシャープアクオス。さすがに迫力あります。


CIMG3551 (2).jpg

天井が高くとれないので、わざと暗い色にしてより低く見せ、そのかわり壁を白いクロスにして奥行き感をだしました。建具の色分けも非日常演出のひとつ。


CIMG3553 (2).jpg

靴を脱ぐ店で、入り口入ったところに2段の階段。床も黒いので、框にLEDランプを埋め込み段差を認識してもらうように。

酔っ払った人がこけるといけないので。



CIMG3558 (2).jpg

トイレはレトロな感じに。
年配のお客様が多いので、なんとなく懐かしく感じてもらえると嬉しいかな。




カトレアさん、明日から通常営業再開です。

お近くの方はぜひ一度飲みにいってあげてください。









あめちゃん

2008.02.13 (Wed) / 過去のブログ

大阪のおばちゃんは皆、“飴(あめ)”を持ち歩いていて、飴のことを「あめちゃん」と言う。

のど黒飴のノーベル、UHA味覚糖、扇雀飴本舗等老舗メーカーも大阪が本社の会社だと、


先日TVでやってたという話しをしてて、、、



「大阪人は絶対飴のことを「あめちゃん」と言うよなぁー」

「そうやんな!」


・・・


話しの展開で、うけるかなと、、、


(おもむろに、カバンの中から飴ちゃんを取り出して)


おばちゃんだけやないで、おっちゃんも持っとるで! 



ひょっとして、あなたのカバンやポケットの中にも“あめちゃん”入ってる? ޥ









雪でしたね

2008.02.09 (Sat) / 過去のブログ

今日はめずらしく大阪(高槻)でも雪が降りました。


積もるような雪が降るのは、ほんと何年かに一度くらいですね。


CIMG3515.jpg


CIMG3516.jpg




二十四節記では こちくら市 を開催していたんですけど、さすがに来る人もまばら。

こちくら市 明日もやってます!

お天気明日は回復するみたいですので、ぜひ遊びに来てくださいね!



二十四節記へ行こう♪






あけましておめでとう!

2008.02.07 (Thu) / 過去のブログ

今日は、旧暦の1月1日。


朔(さく)(新月)。 月と太陽の黄経差が0°となる日。

旧暦(太陰太陽暦)では、朔(新月)となる日をその月の一日(ついたち)として日付を数えます。

二十四節気の「雨水」(今年は2月19日)の直前の朔日が旧暦の1月1日ということになります。

つまり、今日ですね。



中国、台湾、ベトナムなどでは、旧暦(太陰太陽暦)の正月のほうが盛大にお祝いします。

ヒンズー教やイスラム教、キリスト教の国でも違うところもあるそうです。




私達は、当たり前、唯一、と思っている現在のグレゴリオ暦(太陽暦)。

でも、それを使うようになったのは、この100年余り。明治6年1月1日からのことなのですねー。



つまり、織田信長も、徳川家康も、いにしえの万葉人も、今日が正月だったわけですよ(厳密には少し違うんですが…)。

そう考え、視点を変えると、面白いと思いませんか?



当たり前と思って疑いもしないことが、実は絶対のことではない。

今のこよみだって、将来また変わるかもしれませんね! 



二十四節記へ行こう♪



あいうえおの魔力?

2008.02.06 (Wed) / 過去のブログ

母音はじまりの言葉を上手に使うと、会話が上手になるそうです。


「ありがとう」

「会いたかった(会えてよかった)」

「ありがとう」

「いいね」

「うん」

「おはよう」・・・





相槌をうつ時も、


普通に「そうだね」と言うよりも、


「あぁ、そうだね」

「いいね、そうだよね」

「うん、そうだね」

「おぉ、そうか」


あいうえおの言葉を加えると、かなり印象が違ってきます。



みなさんも、試してみて å 



二十四節記へ行こう♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。