スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルーポン

2011.02.21 (Mon) / 過去のブログ




正月におせち料理で問題のあったグルーポン。
さっきニュースで見たけど、今度はたい焼き屋さんのクーポンが使用停止になったとか。



私も個人では情報収集の為に登録していて、毎日携帯にメールが届きますが。。。





うちのような中小の飲食店は、こういうサービスに加盟する意味はないと思いますね。




薄利多売??    在庫処分などと違い、通常商品で50%以上値引きしたら
          普通利益でないでしょう~。グルーポンのマージンもあるでしょうし、
          たいやき屋さんのニュースによると売上金の入金も遅いみたいだし。。。




新規顧客の開拓??  こういうので来たお客様はリピーターにはないにくいです。
           毎日新しい情報届くし、次はまた別の店にいくと思います。



どのお店もリピーターの方々に支えられて成り立っています。その方々がお友達などをつれてきて
くださいます。リピーターのお客様を大切にしていくことが、集客増につながるんだと
私は思っています。




50%OFFで釣っといてお客さん増やそうなんて、加盟する店も考え甘いのちゃうかな??







しかし、、、たい焼き食べたくなった^^;

















スポンサーサイト

としこちゃん

2011.02.09 (Wed) / 過去のブログ





当社営業の清水初美さん。
現場で「としこちゃん」と呼ばれることがあるそうです。
本名 清水初美(しみずはつみ)で、「なんで、としこちゃんなの?」とお思いでしょうが、



私の名前が 佐川俊哉 なので、それで「としこちゃん」と呼ばれるんです。



つまり、社長と同じようにディテール(細かい納まりの部分)にこだわりがあって、それが現場の職人さんには私と同じように映るんだそうです。



子育てしながら働く主婦であり、自分もマンションに暮らしているので、特にマンションリフォームでは、お客様への提案は私よりもすぐれていますね。



私も限られたスペースをいかにうまく使うか。教えられることもしばしば^^



例えば。。。




マンションでは、LDK入口扉すぐ横がキッチンというパターンがよくあります。常に人の通る動線からまるみえのキッチンをなんとかしたいというご要望も多いですが、


電話台とピンナップボード.jpg

これは目隠しを、電話台とピンナップボードにした一石二鳥の例。
しかもピンナップボードの部分だけを少し前に出して、



電話台の裏のキッチンニッチ.jpg

わずかなスペースなのですが、背面にはニッチをつくって一石三鳥!







引き出したところ.jpg

狭いスペースのキッチンでは、どこに置こうか、どうすれば使い勝手が良いか悩むのが家電類ですが、オリジナルでつくればスッキリ納まります。







TVの後ろ壁をふかして奥行き間をなくして圧迫感なくすっきり。実はサイドの収納は奥行き60cmもあるクローゼット.jpg

これは写真ではわかりませんが、実はテレビを置いている後ろの白い壁、わざと少し前にふかしてあるんです。横の収納は奥行き60センチのクローゼットになっていて服が掛けられます。


逆にふかすことによって圧迫感なくすっきり見せることができる例です。






。。。ほんの一例です。









うちの会社ではできるだけお客様の要望をお聞きして、それを実現しようとあれこれ知恵をひねっていくのに、最近、相見積でただ一通りの要望を盛り込んで、とにかく安く安く仕上げる(見積もる)会社さんと競合します。


そうした見積書を見せてもらうことあるんですけど、私がお客様からお聞きした要望とはかなり違う内容だったりします。聞き取れていないのか、安く契約して後で追加となるのか??はわかりませんが、



【できるだけ安く】はユーザーの立場で(私も消費者の一人ですし)当然のことで、企業は常に切磋琢磨してお客様から支持を得ないことには生き残っていけません。




でも、味噌も糞もなんでも安かったら良いわけではないですね。
リフォーム工事は、どこで買ってもモノは同じという商品とは違いますから。




この日記で書こうと思ったのは、、、

長くデフレ状況が続いて、なんだか大切なことまで毀損していってる気がして。。。













石窯ピッツァとワインの日

2011.02.08 (Tue) / 過去のブログ





先日お伝えした 二十四節記 リストランテCo.N.Te の2月イベント 
「石窯ピッツァ食べ放題! イタリア直送生樽ワイン飲み放題!」 




初回の昨夜、さっそく参加しました!




IMG_0136.jpg

「ラ・スレーニャ」でパンとピッツアを担当してくれている前川君。
手際よく次々と焼いていきます。






CIMG5082.jpg

アップで撮ると、なかなかどうして 真剣な感じが職人の風格を感じます^^






CIMG5078.jpg

お腹も満たされ、みんなさん幸せそうな顔されてました。







肝心のピッツァは、食べるのに夢中で写真撮るの忘れた><






石窯で焼くピッツァはホント美味しいんです!
みなさんにも、ぜひ食べてもらいたい!





これで3500円は絶対お得だと思います。
しかも、リストランテコンテにメール登録すると、さらにお得になるんです!


詳しくは 「二十四節記へ行こう」ブログ をごらんください。
















築60年のお家を花屋さんに

2011.02.04 (Fri) / 過去のブログ

お母さんが長年タバコ屋さんを営んできたU様。


高齢(まだまだお元気ですが)のお母さんのめんどうを見ながら、仕事ができる環境を整えるために、


豊中のお店を移転して吹田市内本町の実家を花屋さんに改装するお話しをいただいて、昨年10月後半から工事をすすめてきました。



築60年のお家はかなり傷んでいて下地や補強に手間取りましたが、ようやく前月末には工事も終わり、いよいよ2月7日にお店オープンです。



CIMG4423.jpg

2階の洗濯物干しスペースだったところを



CIMG5050.jpg


部屋として改装。 波板貼りだった明りとりの天窓はそのままにすっきりと改装。広くなった2階はいろんなお教室とかに使える多目的空間になりました。



CIMG5052.jpg


お母さんがもってらっしゃったタンスは分割してカウンターの下に。役割をかえてまた何十年と使い続けらます。



CIMG4460.jpg


昔ながらのタバコ屋さんでしたが…


CIMG5044.jpg


花屋さんにかわって、道行く人が興味深げに見て行かれます^^




お店は2月7日からですが、楽天のネットショップは通常通り営業されています。


   緑の風ホームページ


   オーナーさんのブログ



店先にある(写真左)ヤドリギ。オーナーさんから聞いたのですが、欧米ではヤドリギの下でキスをすると幸せになる、ヤドリギの下にいる女性にはキスをしてよいという言い伝えがあるんだそうですよ^^












久しぶりの贅沢^^

2011.02.03 (Thu) / 過去のブログ


昨年工事をさせていただいた 阪急京都線水無瀬駅の【天まる】さんで食事。



CIMG5035.jpg


本まぐろ、うに、活タコ、甘えび、鯛、ぶり… どれもめちゃ新鮮で美味しかった^^
刺身盛り合わせ 2,000円 この内容で絶対安い!

ご主人のこだわりでとにかくどれもネタが良いです。
ぜひ一度行かれてみては?






CIMG5037.jpg


格子越に入口の蔵戸。扉は実際に蔵で使われていたものを長野から取り寄せました。






CIMG5036.jpg


天井は建築現場で使う杉の足場板。リーズナブルなのでよく使います^^
塗装は 水性ステインと 【二十四節記 けんちくざっかraro】で扱っているBRIWAXで
深みを出しています。




 旬を食らう 天まる  TEL075-963-2187
 阪急水無瀬駅 徒歩1分









節分、立春、佳辰令月記

2011.02.01 (Tue) / 過去のブログ



早いもので今日から2月ですね~。



少しウンチクを^^



お隣中国では太陽暦(西暦)の新年(1月1日)よりも、春節(今年は2月3日)を盛大に祝います。


日本は、欧米から開国を迫られた明治政府が「明治五年十二月三日を以って、明治六年一月一日とする」という太政官布告を出し、それまで使われてきた太陰太陽暦を廃し、今の西暦にかえたんです。


年賀状で「迎春」とか「初春」「新春」という言葉を使いますが、どうも季節感がずれてますよねー。1月は最も寒い時期でまだまだ春という実感がわかない><


グローバルスタンダードも悪い事ではないですが、古来農耕民族で自然をうまく取り入れ共生してきた日本人にとって、ほんとうは旧暦(太陰太陽暦)のほうが季節感を感じられて良いと思うんですけどね。


まぁ、そんな理屈言わなくても、旧暦では月の満ち欠けによって「新月」が毎月1日となるんですけど、月の動きとは無関係な西暦でも1月2月・・・と名前だけ今でも「月」を使ってますし、テレビのニュースで「今日は立春。こよみの上では春・・・」などと言って、無意識のうちに旧暦も生活の中に取り入れています。


節分・・・季節を分けるという意味。今は2月だけ行事として風習が残っています。

そして節分の翌日が、二十四節季のはじまり「立春」です。



【二十四節記】 オリジナルのこよみは、2月4日~3月5日 【佳辰令月記(かしんれいげつのき)】

何事をはじめるにも良き日、良き月という意味です。

二十四節記も次々とパワーアップを開始します!



まずはリストランテ&カフェコンテのメニューを大幅に変更!
それを記念して2月はランチメニュー1品づつ毎週週替わり半額でご提供。
これはお得です!!  ぜひお越しください!




詳しくは、

ブログ 二十四節記へ行こう♪ 












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。