スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜と薔薇

2013.03.22 (Fri) / あれこれ

img18b2e290zik3zj.jpg


もうすぐ桜が咲きますね(写真は去年のもの)




むかし、一休さんがそれぞれ1番良いものとして、

「花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖 はもみじ、花はみよしの」と言ったそうです。  
(みよしのは奈良吉野の桜、一休さんの言葉かどうか真偽は不明)




日本人は「桜」に他の花とは違う特別な感情を抱きます。

古来農耕民族であった日本人は、冬が終わり“春”の訪れを告げる桜を好んだと言われていますが、
心魅かれるという意味では、ひとつ一つの花は可憐だけど、色といい、大きさといい、匂いといい自己主張の強い花ではありません。でもそれらが木全体になったとき見事な調和を見せ人々を魅了する。
“和を以って貴しとなす” 脈々と受け継がれた我々の魂に響くものがあるからだと思います。
また、自然の召すまま風が吹けば潔く散る その「儚さ(はかなさ)」は、仏教の無常観に通じているとも言えます。



新渡戸稲造は著書「武士道」で、桜と西欧人の好きな「薔薇」を対比して書いています。
薔薇は花の色も香りも濃厚で、美しいけれど棘を隠している。
なかなか散らず、死を嫌い恐れるかのように、茎にしがみついたまま色褪せて枯れていく。。。


やはり宗教の違いからくるものでしょうか。。

基本的に同じ旧約聖書を経典とするキリスト教、ユダヤ教、イスラム教は唯一絶対の神(God)を信じていますが、
日本は土着の宗教「神道」では“八百万神(やおよろずのかみ)”を信じ、その後に渡来した仏教、
さらには儒教の教えをうまく組み合わせ、日本独自の精神(Spirits)を築きあげてきました。




・・・実はご存知の方も多いと思いますが、「桜」は「バラ科」の植物です。
   新渡戸氏もこの引用にもっと深い意味を持たせたのかもしれません。




6年前、大阪の、高槻の、上牧という住宅街に、「二十四節記(にじゅうよんせっき)」という、
和な名前からは想像しにくいヨーロッパの田舎街をイメージした施設をつくりました。
その時、あれこれ考え、「桜」と「薔薇」のマッチングを目指したんです。

二十四節記HP


建築の仕事をしてて、単に洋風とか、和風とか、カントリーとか、表面だけの概念にとらわれず、
できればそのSpiritも表現したいとな思ってるんですよね。



よくわからない話しでスミマセン。。。 
自分だけの世界観です;;
















スポンサーサイト

毎週水曜日だけになります!

2013.03.20 (Wed) / 過去のブログ



【二十四節記】は、これまで毎週水曜日と、第一・三火曜日をお休みいただいていましたが、

4月から、第一・三火曜日営業致します。

定休日は毎週水曜日だけとなります!(水曜日が祝日の場合は振替)

どうぞよろしくお願いいたします。





ガス給湯器の話し。 4月からエコジョーズじゃなきゃダメなの??

2013.03.13 (Wed) / 過去のブログ


「4月から、エコジョーズしか販売できません!」
そんな話しを聞いたものですから、その事について少しふれておきます。

まず、4月以降エコジョーズにしなければならない、そんな法律はできていません。


「4月以降、メーカーはエコジョーズしかつくりません??」という話しも聞きましたが、
ノーリツ、リンナイ、チョーフなどメーカーに一応確認しましたが、従来品も生産されます


時代の流れの中でエコジョーズに切り替えていくこと自体は良い事ですし、
各メーカー新しく開発される機種はエコジョーズになるでしょうけど。。。
まぁ、話しが飛躍して、事実じゃないのはよくないと思ったので書いておきます。


既設給湯器設置スペースの問題や排水の問題等で、
一部にエコジョーズ現行品では取替えられないケースもあると思います。


リライフの当面のスタンスとしては、やはり環境負荷を考え、
基本、エコジョーズをお勧めしますが、
コスト面などで、最終的にはお客様の選択に委ねようと思っています。
















リフォームローン

2013.03.09 (Sat) / 過去のブログ

最近リフォームローンを利用されるお客様が増えています。


弊社提携オリコのリフォームローン、借入れ10万円~500万円 無担保で金利が2.65% 
保証料無し。保証人原則不要。申込書だけでOK 審査1日。
銀行系より手軽さが良いですね。


例えばリライフの浴室&洗面&トイレリフォーム工事100万円パックを、
60回(5年)でローン組んだ場合、月々17,800円のお支払い(ボーナス無し均等払い)

チラシ


支払い総額1,068,814円 つまり金利が68,814円かかるということですが、
消費税が上がること考えると、増税前にリフォームローンで・・・という考え方もアリかもしれません。



新築&リフォーム見学会  ←← クリック!







S邸上棟

2013.03.07 (Thu) / 過去のブログ



今日は高槻市S様邸の上棟でした。
ここまでの工事を写真でご紹介します。


DSCN0194.jpg

まずは地盤改良工事。
セメントミルク柱状改良工事です。
不同沈下を防ぐため、地盤の良くないところでは改良工事が必要です。


DSCN0255.jpg

鉄筋が組み終わったところ。
鉄筋工事の後には、必ず配筋検査を行います。
社員数名が検査員の資格を有しています。



733748_136101963228587_98390600_n.jpg

基礎が出来上がりました。
リライフでは立上り基礎巾150ミリ、べた基礎ベースはW配筋200ミリ厚が標準で、建築基準法の規定より
かぶり厚に余裕を持たせて鉄筋の腐食を防いでいます。
何事も基礎が肝心です。これから何十年もここに暮らす家族を支えるわけですからね。


S邸

そして本日上棟です。
いつも上棟式で言うんですが、今日で家づくりはマラソンに例えると、ちょうど折り返し地点です。
ここまで、プランからずっと打合せを重ねてきて、ようやく骨格がカタチになりました。


S邸基礎

リライフでは、NK工法(木造軸組+パネル工法)を採用しています。柱と梁や土台を金物で接合してあります。
木造の弱点である接合部の強度が格段に向上できます。また耐力壁はパネル工法ですので、すじかいはありません。強度はすじかいよりもパネルの方が高い強度を出せます。


まずは構造面での安全と耐久性。
その信頼の上に、お客様のご要望を取り入れた様々なデザイン、味付け、テイストなどを表現するわけですね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。