スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェラ工事日記 8/19

2005.08.19 (Fri) / 過去のブログ

お盆休み前に一応大工工事を終え、明日からいよいよ左官による壁塗りの工程です。ラスモルタルに漆喰で仕上げていきます。

瓦はルーマニア製のビーバータイル、梁や柱に使っているのはタイのチークや花梨の古材、キッチンの天板はカメルーン原産のブビンガ(ガボン産のケバジンゴかも知れないけど、見分けがつきません)、雑貨スペースの床はアメリカ納屋に使われていた古材のフローリング、イベントホールの床はメキシコ産のテラコッタ・・・

まるでワールドカップみたいですね(笑) インターネットの普及で世界が身近に感じれるようになりましたけど、色々な建材も一昔前に比べてずいぶん入手するのが容易になりました。

初めて使う材料が沢山あるのですが、使ってみて、良い物はこれからお客様にも勧めていきたいですね。

造りながらイメージを膨らませてやっていますが、一つだけ絶対にこういう風にだけはしたくないという思いがあります。それは、よくあるプロバンス風と称しておもちゃみたいな家がありますけど、流行のデザインの家建てると、誰かも言ってましたけど、家の寿命は「よくて十年」、もてぱもったで「百年の恥」、流行遅れの服をずっと着続けるみたいだと言うのです。やっぱり古くなっても古ぼけない、むしろ味わいがでるような建物にしたいですよね。


人気blogランキング



スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。