スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日ひとと木リニューアルオープンイベントです

2005.10.19 (Wed) / 過去のブログ

連日遅くまで作業をすすめてきた長岡京店&ひとと木が、ようやく98%くらいは出来上がりました。明日・明後日のイベントには支障がない程度には出来たと思います。

長岡京の店は賃貸で建物の2階部分を借りているのですが、有名建築家が建てたコンクリートと鉄とガラスの建物です。建物を“建築物”と捉えれば、斬新なイメージでとてもステキな建物ですが、そこに住むと、これは少々窮屈で、建物にあわせて過ごさなきゃいけません。例えば、大きなガラス面は開閉できませんから、エアコンや換気扇を常時つけなければ空気が篭ってしまう等です。

コンクリートの箱(マンションなど)に住むと、何年か寿命が短くなるとか、キレる子供が多いとか、アトピーの子が多いなど、統計を元にした話しが色々言われています。真偽の程は、私もまだよくわかっていませんが、ひとつ言える事は、日本人がコンクリートの箱(マンション)に住むようになったのは、ほんのここ数十年の事。

日本の気候風土や、有史以来木造の家に住んできたDNAが、環境の変化になにかの影響をもたらしているのでしょうか。機密性とハウスダスト・シックハウスなどの問題が影響しているのは間違いなさそうです。


そんなこともあって、今回コンクリートの箱の中に、無垢の木と塗り壁だけでつくった木造じゃなく“木装”の空間をつくってしまいました。木や塗り壁はビニールクロスや合板のフローリングを貼るのに比べて、格段に調湿効果が高いです。精神安定効果というのも期待できます。

精神安定効果では、加えて室内でも育つ観葉植物の視覚効果と、純度の高いエッセンシャルオイルで香りを演出、照明も工夫してみました。

それでも建物の固有の条件で空調と換気は依然欠かせませんが、そこにじっとすわっていると、私自身は前に比べて大きな違いがあると感じます。

皆が、コストや利便性の問題で木造住宅に住むことは出来ませんから、マンションに暮らす方には、コンクリートの箱の中でもできる“木装住宅”、これはぜひお勧めしたいですね。

話しだけ聞いていても実感わかないと思いますので、ぜひ一度遊びに来てください!


人気blogランキング ここをクリックして! 
またひとつランクが下がってしまいました。応援よろしくお願いします。 

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。


スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。