スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高効率エネルギーシステム導入費補助金

2005.10.31 (Mon) / 過去のブログ

省エネ

簡単に言うと高効率ガス給湯器を設置すると高槻市を通じてNEDO(新エネルギー産業総合開発機構)から導入費(機器代・工事費)の1/2を補助してくれるというものです。


ほとんどのご家庭では、日常あまり意識はしないと思いますが、お湯をつくる給湯設備が設置されていますね。ガス給湯機、石油給湯機、電気温水器、エコキュートやエコウィルなどです。

その中でガス給湯機に関してですが・・・

給湯機は作動している時に熱い熱風を放出しているのをご存知ですか?従来型の給湯機は約200度の廃熱を放出しているのです。それらがヒートアイランドの原因の一つにもなっています。

新しい高効率給湯機は、燃焼ガスからさらに熱を吸収して熱効率を95%にまで高め、廃熱の温度を約50度にまで低減しています。(従来型は熱効率約80%)

さらに地球温暖化の原因となるCO2排出量は従来型に比べ、1年で杉の木に例えると12.6本分もの吸収削減効果があるのですね。

効率が良いわけですから当然ガス代も安くなります。標準的な家庭で年間約15000円ほどのガス代が節約できます。さらにガス代も割引になります。

それなら、従来型より高効率の給湯機のほうが良いに決まっているじゃないと思われるとかもしれませんが、普及率は今ひとつなのです。

なぜなら、機械が高いのです。従来型の給湯機は、うちの会社ではメーカー希望価格の60%OFFで販売しているように値崩れしています。取替工事費を含めて従来型では24号フルオートタイプで20万円のものが、高効率だと35万円もかかります(当社比較)。それでいくらガス代安くなるといっても、元とるのに8年程かかり、めちゃめちゃお得とは感じてもらえないのですね。損得よりエコに対して意識の高い方以外には、なかなか選択していただけていないのが現状です。

今回、高槻市だけなのですが、その高効率給湯機を導入した場合、費用の1/2が補助金としてもらえます。つまり35万円が17.5万円ですむわけですから、従来型に比べ導入費も2.5万円安く、10年使ってガス代が20万円近く安くなる!

これはもうお得に決まっていますよね! そろそろ給湯機取替のタイミングが来てる方、ぜひご検討ください。

ただし予算が決まっています。6000万円の予算枠しかありませんから300軒程度です。予算枠に達した時点で締め切られます。

高槻市在住の方、お早めに!


人気blogランキング いつも応援ありがとうございます。只今6-8位で争っています。今日もクリックお願い! 


「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしくお願いします。


スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。