スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まな板の話し

2005.11.15 (Tue) / 過去のブログ

先日工事をさせていただいたIさん。うちの会社で新築させていただいた息子さんのご紹介で、実家のほうもリフォームさせていただくことになりました。

Iさんご夫婦は二人暮らしで、今年で金婚式を迎えられます。築35年目にして初めて古くなったキッチンを取り替えようというお話しでした。

背の低い奥さんが踏み台に乗って出し入れしていた危険な吊り戸棚を昇降式に替えたり、ガス台の横で使いづらかったゴミ箱をシンクの横に位置を変え、スライド式で引き出せるようにしたり・・・  この30数年間の“不”の部分の解消に工夫を凝らしました。使いやすくなったと、とても喜んでいただきました。

でも一番喜んでいただいたのは、“まな板”です。30数年間ずっと使ってきた檜のまな板。キズだらけで、かなり黒ずんでいたのですが、それを大工さんが鉋(かんな)で削ってあげたのです。新品のように蘇ったまな板! 長年愛着をもって使い続けたものですから、本当に嬉しそうでした!


うちの会社では、施工後にお客様にアンケートを書いていただいています。その中で特筆すべきは、大工さんの評価がとても高いことです。常時8人の大工さんがいるのですが、皆よくやってくれています。会社の評判を得るには、最後はやはり現場でどういう人が、どういう仕事をしたかということにつきますね。

サービス工事で満足度を上げるというような話しではありません。モノを組み立てるだけの仕事じゃなくて、お客さんの“思い”をくみ取れるような仕事を、これからもがんっばってやっていきたいです!


人気blogランキング ここをクリックして! 只今ひとつ上がって7位 ありがとうございます! 引き続きもうちょっと上を目指してがんばります。 よろしく!

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしく。

スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。