スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震偽造事件に思う

2005.11.21 (Mon) / 過去のブログ

私は仕事をする上でまず大切なことは基本的な理念だと考えています。

うちの会社は“家”をつくっています。新築でも、リフォームでも。

家づくりでどうしても忘れてはならない大切なことは、家というものの役割です。
   
 1. 家族の生命と財産を守ること。
 2. 家族の健康で安全な暮らしを実現すること。
 3. 家族が絆を強め、快適に暮らせること。

それらを実現することのできる「家」をつくりたいと考えています。

そう考えていますから、耐震性データを偽造したり、あそこの事務所は仕事が速くてコスト押える計算をしてくれるからと怪しい構造計算事務所に仕事を依頼したり、そういう建物の構造のことを知らずに販売しようとは思いません。

建築業界は分業化が進んでいますが、うちの会社は逆行していて、一級建築士事務所であり、工事も自分のところでやり、しかも水道や電気の設備に至るまで社員で行おうとしています。不動産もやっています。

あまり分業が進むと、“理念”やモノづくりの“思い”が薄れてしまいます。

建築は一品現場主義で、工場で生産するものではありませんから、尚更基本となる理念が浸透していないといけないと思うのですね。

そうは言っても、まだまだ工事でお客さんの思いを受け止められず、苦情をいただくこともあるのですが、企業の責任、社長の責任として、自分達がつくっているものの大切さ、モノづくりへの思いを浸透させていかなければなりません。



人気blogランキング ここをクリックして! 今日もぽちっとよろしくお願いします!

「アンジェラ店長のLohasな毎日」 こちらもよろしく。









スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。