スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境のこと考えよう その1

2005.04.04 (Mon) / 過去のブログ

スゥエーデンでは、し尿処理施設でバイオガスをつくり、ゴミの焼却場で発電してエネルギー全体の1/3を賄っているというNHKの放送を見て感心しました。産業規模や人口が違うとはいえ、日本は原子力と石油や天然ガス以外のエネルギー利用は、わずか1%程度にとどまっていることと比較すると大きな隔たりを感じます。

愛・地球博でもコンセプトのひとつに循環型社会を掲げ、3Rシステム(リデュース、リユース、リサイクル)の徹底やゼロエミッションを目指した取組みの実践、新しいエネルギーシステムやCO2削減などの最先端の環境技術の導入に挑戦し、環境負荷の低い循環型社会のモデルの構築を実践していますが、今、本当に、もっと真剣に環境のこと考え、社会をシフトしないといけないと思います。郵政の民営化もいいけれど、優先順位からすれば、そっちのほうが大事だと思うんですがね。


うちの会社の取扱いの中で、エコキュートという商品を採用される方が非常に増えています。空気中の熱を集めその熱をヒートポンプで圧縮してお湯をつくりだす機械です。しかも、冷媒にはエアコンと違い、二酸化炭素を用いていますので、オゾン層の破壊の心配もありません。そして、ガス給湯器に比べ光熱費が1/4~1/5(LPガスならば1/9)と非常に経済的です。
環境に良くてもコストが高いものは普及しにくいものですが、エコキュートは数年で元はとれます。ガス給湯器が取替の時期にきている方、その時は是非検討してみてください。

できることから、少しづつ。

(写真 駅前の桜 定点観察 4/4 つぼみ 明日は開花!?)



スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。