スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュック・ベッソン監督作品 「アンジェラ」

2006.04.18 (Tue) / 過去のブログ

なんと! うちの雑貨店アンジェラと同じタイトルの映画が5月に封切られるんです!

『レオン』などのリュック・ベッソン監督作品 アンジェラ


あらすじ

48時間後、俺の命は奪われているかもしれない。こんな人生、もうたくさんだ。アレクサンドル三世橋から見下ろすセーヌ河。ここで何もかも終わりにしようと思った。その瞬間、突然、君が隣に現れた。透けるような白い肌に神々しく輝く金色の髪。細く、長く、滑らかな曲線を描く肢体を持つ、美しい人。俺は君を見上げ、息を呑んで、そこに立ちすくんだ。「あなたと同じことをする」いきなりそう告げて君は飛び降りた。次の瞬間、俺も君を目がけて飛び降りていった。「死なせたくない」あまりにも無謀で、無垢で、はじめての感情だった…。アンジェラ、君は一体、何者なんだ


アンジェラ1

アンジェラ2


ところで「アンジェラ」って、イタリア語で男の子の天使の意味なんだそうです。昨日お客様から教えてもらったそうで、詳しくはアンジェラあさみのLOHASライフ ご覧下さい。

店名は去年の今頃、薔薇の花の名前からとって決めたんだけど、1年たって言葉の意味を知るなんて我ながらまぬけですよね~OK

でも同名のタイトルだと親しみ感じます。フランス映画って、なんかとっつきにくい印象あるけど、やっぱこれは封切られたら見に行かなきゃなんないでしょう!



人気blogランキング ←クリックお願い!  
いつもありがとうございますޥ





スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。