スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスオーバー消費

2006.05.16 (Tue) / 過去のブログ

リライフコーポレーションのHPには、トップページ下段にNews&Topics 欄があり、建築関連やその他面白そうなニュースへリンクできるようになっています。HP担当のAさんが更新しています。

今日、それで知った初めての言葉「クロスオーバー消費」。

男性が好みそうな商品を女性客が買うといった、性別や世代が交錯した消費行動のことを言うそうです。

顧客の価値観が多様化していることが要因で、性別や年齢といった属性情報だけではし好をとらえにくくなっている現代の顧客を象徴する動きです。



マーケティングでターゲットを絞り込む際に、当然セグメントを考えるけど、どういう視点で捉えるか、それが問題です。

マーケティングを勉強しても、まずは実践で要求される事はそうした視点や着眼点などですねー。


そこで頭に浮かぶのは、社内でよく言う知識と知恵の話し。


いくら豊富な“知識”を身につけていても、それを使える“知恵”がないと知識は何の役にもたたないということ。


知識は「知識を習得する」などのように外部から吸収するもの。

一方の“知恵”は、「知恵を習得する」とは言いませんね。知恵は「知恵を出し合う」「知恵をしぼる」などのように内面から発するものです。これまでに得た知識や経験などで培われた物事を認識し判断する能力のことです。


企業側が求める人財というのは、やはりきちんと物事を認識し判断する能力を持つ知恵のある人ということになるでしょうねーーー。


また話しがすっとびましたää



人気blogランキング ←ここをクリック! 

少し下がってきました。応援よろしくお願いします!








スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。