スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソメイヨシノの命名者

2005.04.07 (Thu) / 過去のブログ

今日は会社の花見会です。

ニュースで見て知ったが、新ローマ法王を選ぶ会議をコンクラーベと呼ぶのだそうだ。これってやっぱり「根比べ」の語源なんだろうか・・・ 

ということで、花見の前にソメイヨシノの由来も調べてみた。

染井吉野は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が、江戸時代末期に品種改良した園芸品種で、明治以降全国に広まった。
染井吉野は当初、奈良県山岳部の桜の名所『吉野山』にちなんで「吉野桜」と命名されていた。
しかし、吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名は誤解を招くとして、明治33年(1900年)、上野公園の桜を調査した藤野寄命博士が、「染井吉野(ソメイヨシノ)」と命名し『日本園芸雑誌』に発表した。

言葉調べるのに結構便利なサイトです。  
http://gogen-allguide.com/

(写真 駅前の桜 4/7 3分咲き)


スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。