スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのネガティブ度チェック!

2006.10.13 (Fri) / 過去のブログ

イギリスの劇作家バーナード・ショウは、「悲観主義者と楽観主義者はどう違うのか」と聞かれたとき、ウイスキーのボトルを見て、「『あぁ、もう半分しか残っていない』と嘆くのが悲観主義者、『まだ半分も残っている』と考えるのが楽観主義者だ」と答えたそうです。



さて、あなたはどっち?


10の質問に答えてみてください。


1 他人と比べて、自分は運が悪いと思う

2 無理だと思うことは、最初からやらない

3 良い知らせを聞いても、まず「本当かな」と疑う

4 何かするときは、最悪の事態を想定する

5 何事も、まず欠陥や欠点に目が行ってしまう

6 人が評価されているのを見ると、つい反論したくなる

7 他人の成功話しは素直に聞けない

8 世界が滅びるのはそう遠くないと思っている

9 「でも」「しかし」等という否定語をよく使う

10 「まだ○歳」というより「もう○歳」と思うほうだ



みなさんはいくつ当てはまりましたか?


私の場合、

1 × 全く思わないです。
2 × 常に新しいことにチャレンジしてます。何事もまず無理とは
     考えないいうにしています。
3 ○ これはちょっと当てはまるかも。
4 ○ 想定しますけど、そしてそれを回避するためにどうしたらいいか
    を考えますね。
5 × できるだけ良い面、悪い面、両面から物事を見ようとしている
    つもりです。
6 △ ちょっとそういうところあるかもなぁー。 人とその評価に
    よりますけどね。
7 × 素直に聞きます。
8 × 滅びないように今自分ができることを考えます。
9 ○ 「でも」はよく使います。 でも、最初にマイナスのこと言って、
    逆説的にポジティブな結論に導こうとして使うことが多いので
    質問の趣旨とは違いますけどね。
10 ○ これも言葉通り受け止めるなら、考えますねー。
    もちろんネガティブに受け止めてはいないのですけどね。
    ちょっと「無常観」を感じています。


自分ではポジィティブだと思っていたんだけど、この質問の言葉通りに答えれば、半分近く当てはまるなぁ~。




8つ以上当てはまった人は、『否定主義者』だそうです。

(逆に全部当てはまらなかった人も、ちょっと怖いけどね(笑))






極端な否定主義の人は困り物ですね。


何かにつけて、人と反対のことを言いたがる。他人が評価されれば「ひいきだ」と言い、自分が抽選なんかに当たっても、景品が良くないとけなす。

人が出世をすれば、「世渡りが上手なんだろう」と陰口をたたき、人が幸せそうにしていると、毒舌を吐かずにはいられない。

「ダメ」「無理」「できない」などが口癖…。




いっしょにいてマイナスのことばかり聞かされると、自分も意欲をなくしてしまいそうで嫌じゃないですか。(悪口・陰口ばかり言う人が組織にいると全体に与える損失がとても大きいです)





否定主義者の話しを聞くときは、同調したり、下手に反論せず、聞き流すのが一番だそうですよ。





求人の応募で面接した時、いろいろお聞きするんですけど、否定的な発言の多い人はやはり敬遠しますね。

(実際は、わずかの面接の時間で、人となりを知るというのは難しいです。皆さんよそ行きの顔で来られますから(笑))






明日、『お仕事説明会』なるものを開催します。学校のオープンキャンパスみたいなものでしょうか。即応募ではなく、ハードルを下げて、まずうちの会社のことを知ってもらう試みです。


…そして再来週には求人誌へ高い広告費払って広告掲載します。




良い出会いがあることを期待しています!





近畿ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!




スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。