スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上場への道 06.10

2006.10.17 (Tue) / 過去のブログ

グリーンシートへ株式公開し、次の目標である上場への第一歩を踏み出しました。


本当はグリーンシートを経由せず、直接上場を目指していたのだけど、新しいリアルポータルサイト事業に乗り出すにあたって、

建設資金を調達する必要があること。

事業拡大を目指すための優秀な人材を募るために知名度を上げる必要があること。



この2点のために、このタイミングでグリーンシートを経由すると決断したのです。




実際には、公開にかかる費用(証券会社・監査法人など)や維持費もかかるので、コスト面からGS公開に対して否定的な意見を言う人もいるが、いずれ上場すればコストはもっとかかるわけで、それらを吸収してなお利益をあげられる組織にしていかなければならないという意味では予行演習みたいなものだし、コスト以外の無形のメリットもいろいろあるわけで、決断としては決して間違っていなかったと思っています。




うちの会社が上場会社としての体をなすには、ひと言で言うと、「私がいなくてもやっていける会社」にならなければならないということ。



良きも悪しきもプライベートカンパニーは、そのオーナーに大きく依存していて、オーナーという個人の力で組織がまとまっているので、万一オーナーが何らかの事情で経営から離れることになるとその求心力は一気に失われしまい崩壊する可能性があります。


内部管理体制の確立など上場基準をクリアすることはもちろんですが、会社を発展させていくためには各部署・各人が真に目的達成の為に『連携』して、計画を遂行しなければなりません。


うちの会社が、今年一年特に力を入れて取組むテーマが「連携」です。

目的をはっきり理解し、各人・各部署が連携すれば、無駄な金銭的コスト、精神的コスト、時間的コスト、エネルギーコストを削減でき、ベネフィットを高めていくことができます。





もう一つの重要なテーマは、企業理念の中にある『信頼される人間になる』ということです。


人から信頼されるためには、言ったことをきちんと実現できる能力がいります。

公開会社においては、事業計画を開示しますので、それを達成し投資家からの信頼を得なければなりません。



(失礼ですが、グリーンシート公開会社の開示資料を色々見させてもらったけど、計画を達成するためのマネージメント能力があるのか疑問に思う会社も正直ありました)。



うちもそう言われないようにがんばらなくてはいけないわけですが、これに関してはこまでに、


 1、明確な事業計画・ビジョンを打ち出してきた。
   (目的・目標や計画が曖昧では達成できない)

 2、計画を達成するための問題解決手法を確立してきた。
   (計画たてても気合と根性だけでは達成できない)

 3、指示命令されてやるのではなく、「自分発」で取組める
   環境を整えてきた。
   (やらされているのと、やっているのでは大きな違い)



以上のことに取組んできました。



今回の公募増資で、私たちの成長に期待して投資していただく方々に対して、きちんと結果を出すことで信頼を得ていきたいですね。




DSC_0424.jpg

今日はアンジェラにおいて求人誌に掲載する写真撮影がありました。 




近畿ブログランキング
いつもクリックありがとうございます!




スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。