スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手水鉢(ちょうずばち)

2007.01.20 (Sat) / 過去のブログ

知り合いの不動産会社さんから、「古家を解体するけど、石や材木、あんたとこで使えるものあったらあげるで」と声をかけていただいて見に行ってきました。


大きな平屋の家なのですが建売住宅で使う程度の木材料しか使ってなくて、残念ながら古材として梁や柱で再利用できるような材料はありませんでした。



ただひとつ目にとまったのは庭に置いてあった手水鉢。

CIMG1709.jpg


特に珍しいものではないですが、錆びた色合いから、建築中の上牧「二十四節記」のどこかに使えるかなぁと思ってもらうことにしました。






先日植木を見に行った時に産地の方も言っていましたが、最近は住宅の洋風化で「松」や「槙」など、一時は庭に必ず植えた木が今は全然人気がなく売れないそうです。

今日見に行った家にもあったんだけど、、、使うところないし、、、



どなたか植木要りませんか? 



要りませんか?と言った後で言うのもなんですが、風水では「門かぶり(かつぎ)の松」はご法度です。

家を建てた時だけ隆盛でそれ以降衰えて絶家となる運命だ言われています。




。。。この家もそうだったのかなぁ??と、ふと頭をよぎりました。






スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。