スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームクリップの社長が

2007.06.12 (Tue) / 過去のブログ

先日書きました生活者が選ぶHomeClip施工事例コンテストの最優秀賞受賞(全国のホームクリップ登録業者1000社超から約100件の応募があり、有識者にによる1次審査を通過した20件について、ユーザーによるアンケートを実施。約300人のユーザー投票により各賞を決定)、


株式会社ホームクリップの藤吉社長がわざわざ東京から、社長自ら賞状を持って来てくださいました。

ありがとうございます!


早速いちばん人目につくかなと、二十四節記」の「けんちくざっか raro(ラロ)」の壁に掛けました。


CIMG1941.jpg







リフォームという仕事をしてきた会社(私自身)の成長ですが、


最初はキチンとした仕事、丁寧な仕事をと、建築の基本となることを大切にしてきました。平行してリフォームはサービス業という位置づけから、お客様や近隣の方々へ心配りができるよう努力してきました。


それらでは一定の評価をいただけるようになってきたので、次は「お客様の思いをカタチにするデザインやプランニング力」に注力してきたわけです。



それも、ジェルコの優秀賞に続いての連続受賞で、リライフのプランニング・デザイン力はそれなりのレベルにあるんだということを確認することができました。


基本的な施工技術・丁寧な仕事、お客様や近隣への心配り、お客様の思いをカタチにするデザイン力と実力をつけてきたわけですが、、、


しかしそれだけではまだです。本当の意味でお客様の思いをカタチにすることができるようになるには。。。



お客様の多様な要望を実際のカタチにするには、材料が調達できなければなりません。メーカーのカタログに載っているものだけじゃなくてね。



そんなわけで「けんちくざっか raro」を窓口として、様々な商材・材料が取り扱いできるように今がんばっているわけです。





スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。