スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮らしを楽しむコツ2 『飽きる』を考える

2007.07.13 (Fri) / 過去のブログ

犬は「飽きたから散歩のルート変えてくれ」とは言わないし、

赤ちゃんは「イナイイナイバア」を100回繰り返しても笑ってくれますが、

人間(大人)はどうもそうはいかないようです。

同じことばかりを繰り返すとすぐ飽きてしまいます。



「この店飽きたね」
「この仕事も飽きたな」
「この味には飽きた」
「この人にも飽きた」
「この髪型に飽きた」
「人生に飽きた」……と。


なぜ「飽きる」のか? 


それは、知性があるからだそうです。


でも、一気に「飽きる」かというと、そうではなくて、


そのまえに「慣れる」という段階があります。


暮らしも、仕事でも、「慣れる」ということは、自分自身の「型」を身につけることです。


「慣れ」に至るプロセスは、進歩や工夫が周囲も、自分にも目に見えてわかるので、大変と言いながら結構楽しいものなのですが、


「型」ができてしまって、毎日それの繰り返しとなるとすると、こんどは「飽き」が来てしまいます。




「飽き」の特徴は、無気力無感動無目的です。




日々の暮らしをマンネリ化させないようにするには、「飽きさせない」工夫が大事ですね。


ざっと思いつくのをあげると、


無感動の解消 
 
花や植物を育てる、観察する。。。(二十四節記、フラワーガーデンHanako)

コミュニティーサークルへ参加して新しい気の合う友達を見つける(Feel☆Relife のイベントなど)



無気力の解消 

新しい発見をするために、セミナーなどに参加してみる。お気に入りの場所へ出かける。

新しいことにチャレンジしてみる。。。

(二十四節記、同イベントスペースの各種お教室・セミナーなど。リライフで住まいのリフォーム)


無目的の解消

「暮らしを楽しもう」とする気持ち(動機づけ)を持つこと。(リライフ社長ブログ)

何らかの具体的な目標を設定すること。

(近日二十四節記で、家事や暮らしについての新企画を発表します!)



カッコ内はリライフや二十四節記で解消にお役にたてると思われることを書いてみました。


皆さんは「飽きる」ことについてどう思いますか?



『二十四節記』へ行こう♪ ブログ

本日日記2件更新しました!


スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。