スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとう!

2008.02.07 (Thu) / 過去のブログ

今日は、旧暦の1月1日。


朔(さく)(新月)。 月と太陽の黄経差が0°となる日。

旧暦(太陰太陽暦)では、朔(新月)となる日をその月の一日(ついたち)として日付を数えます。

二十四節気の「雨水」(今年は2月19日)の直前の朔日が旧暦の1月1日ということになります。

つまり、今日ですね。



中国、台湾、ベトナムなどでは、旧暦(太陰太陽暦)の正月のほうが盛大にお祝いします。

ヒンズー教やイスラム教、キリスト教の国でも違うところもあるそうです。




私達は、当たり前、唯一、と思っている現在のグレゴリオ暦(太陽暦)。

でも、それを使うようになったのは、この100年余り。明治6年1月1日からのことなのですねー。



つまり、織田信長も、徳川家康も、いにしえの万葉人も、今日が正月だったわけですよ(厳密には少し違うんですが…)。

そう考え、視点を変えると、面白いと思いませんか?



当たり前と思って疑いもしないことが、実は絶対のことではない。

今のこよみだって、将来また変わるかもしれませんね! 



二十四節記へ行こう♪



スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。