スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートワールの民家

2008.02.28 (Thu) / 過去のブログ

初めてお会いする方から、二十四節記の建物のことをよく尋ねられます。


「何かモデルとなったものがあるのですか?」と。


「洋書などを見て」と答えるんですが、たぶん相手の方はイメージできないと思います。

会話がそれ以上続かない ޥ


そんなことで、参考にした本の写真の一枚をお見せしちゃいましょう。


CIMG3585.jpg

フランスのもっとも美しい村のひとつで、ケルシー地方オートワールの民家。

(ヨーロッパの家2 講談社刊より写真を拝借)




それをイメージにつくったのが、リストランテコンテの建物 ↓


DSC_0381.jpg



円柱の塔と煙突が似てる??



石やレンガで造られて何百年もたって味わい深いものを、木造の新築で、しかも高さなど法令上の制約のなかで表現するというのは、なかなか難しいものですね。








スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。