スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の12月31日までですよー お早めに!

2005.05.13 (Fri) / 過去のブログ

家を建てよう。家を買おうと計画されている方なら、すでにご存知のことと思いますが、今年中なら、親(祖父母)から子・孫への住宅取得や増改築を目的とする贈与が1500万円までなら優遇されます。

贈与税って最も高い税率のひとつですよね。(最大50%)
例えば、子供が家を買うということで親が1000万円の資金援助をするとします。1000万円なら通常231万円もの贈与税を払わなければなりませんでした。

それが上記特例を活用すれば、1度に贈与しても5年間に分割して贈与したとみなして、年間110万円の基礎控除額の5年分が前倒しで受けられます。 つまり550万円まで無税になります。1000万円の場合でも贈与税は45万円ですみます。

新築だけでなく、中古住宅(マンション25年以内、木造20年以内)でも、増改築(床面積の増加が50m2以上)でもOKですよ。(※その他一定の条件がありますので確認してください。)

世の中複雑で、知らなくて損をしているというか、知っていたらこうできたのに・・ということってたくさんありますよねー。私なんかも会社やり始めて、はじめて助成金や税金や法律の事、たくさん知ったことがあります。知らないで後で悔しい思いも何度もしました。

今ではうちの会社も、顧問弁護士や公認会計士・税理士、ファイナンシャルプランナー、司法書士、弁理士など多くの専門的なブレーンに協力してもらっています。身近に信頼できる専門家がいるということは、心強いものです。

私達も、お客さんにとって信頼される「家」の専門家としてお役にたてればいいなと思います。「家守り」(ホームドクター)として、そして、お客様のライフスタイル、暮らしを楽しむための応援隊として!

(写真:山崎の分譲地 環境いいですよ! 家の裏がサントリー山崎蒸留所になります。住宅資金贈与の特例使って、いかがですか!!)


人気blogランキング ←クリックしていただくと10ポイント増えます。現在、「地域情報 近畿」部門1位! ありがとうございます。皆様のおかげです。今日もぽちっと!

(投票は1つのIPで1日1回有効。午前0時更新で最新7日間のトータル数で決まります。)



スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。