スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後10年以内に間違いなく増える事 住宅編

2012.06.23 (Sat) / 過去のブログ







その1 太陽光等自然(再生可能)エネルギ-の活用



誰でも予測できることですね^^;





最近の施工事例をご紹介します。


高槻市M邸

画像 123.jpg

現在、世界最高水準のモジュール変換効率を誇るパナソニックHIT単結晶系ハイブリッド型・233シリーズ
システム:2.79kw パネル12枚(写真は内8枚部分)



《計画》 年間発電量:3,005kw.h/年、
     年間発電金額:99,525円(自己消費分:36,315円、売電する分:63,210円)


弊社工事費:168万円(税込)

国からの補助金:97,650円(3.5万/kw.x2.79)
高槻市からの補助金:69,750円(2.5万/kw.h年x2.79)
補助金合計:137,400円

実質お客様負担 150万円(税込)



温暖化から脱原発という流れの中で、
固定買取制度、発電性能の向上、価格の低下、補助金等様々な追い風を受け、
急速に普及しだしました。
やはりひと昔前と比べ10年~15年程度で、いわゆる「元がとれる」ようになったのが
大きいです。




今後10年で一層普及が進むのは間違いありませんね。





【参考】

7月1日より施行される「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」

太陽光
調達価格 42円/kWh
調達期間10年間 (一般家庭対象10kW未満の場合)

※設置する(出来る)システムが大きくなればm2単価は下がり、
 償却期間も短くなります。
※発電量は実質もう少し多くなると予想しています。
※自己消費分はご家庭により異なります。


















スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。