スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WIN-WINの法則

2005.05.25 (Wed) / 過去のブログ

ビジネスの基本とも言えるのですが、私の場合、交渉事やお付き合いをさせていただく際には、常にWIN-WINになるためにはどうすればいいかを真っ先に考えることにしてます。言葉の通り、お互いが勝者になることです。(妥協しあって、お互いが敗者ではダメですよ~)

WIN-WINを考えるときは、まず相手がどうすればWINとなるかを考えます。真っ先に自分の考えや利益を主張するとするとうまくいきません。

例えば、長岡京店で開催した雑貨市。手作り品雑貨などは高くすれば売れないし、大量生産ではないからコストが高くて、そんなに利益があるわけではありません。そうした中で、場所を貸してる我々がマージンとって商売につなげようとすればうまくいかないと思います。(破格の貸室料だけ頂いてます。)

それじゃ、リライフはどういうメリットがあるの?

イベントに来場されたお客さんがうちの会社のことを知っていただくきっかけとしたり、継続してイベントの案内をさせていただく中で、人間関係ができて、リフォームの仕事につながることがあるだろうということです。


リフォームの工事をさせていただいたお客様との関係もそうです。注文貰って、工事をして「儲かった。ありがとう~」だけではダメです。

ありがとうは“有難う”と書きます。有り難いことなのです。何が有り難い? …うちの会社に何十万、何百万の仕事を依頼していただける。そんなに簡単なことではありません。しかもですよ。リフォームなんて、契約時には実際の姿はないのです。出来上がってみてはじめてわかる、それを信頼して工事させていただくわけですから。

契約に沿ってきっちり施工してお引渡しすれば、契約行為は成立します。でもWIN-WINとは言い難いなぁと思います。なぜなら先ほど書いたとおり、有難いことをうちの会社に依頼していただいたこと、それは契約とは意味が違いますよね。

リフォームは皆さん、暮らしを便利に、快適に、そして「楽しむ」ためにしようとするものですから、先日も書いたように「それからの暮らし」にも、何かお役に立てるようにしなければならないと考えるのです。暮らしに役立つ良い情報を発信し、お客様が“暮らしを楽しむために何かを発見する”機会をこれからもどんどんつくっていけたらいいなと思います。

うちの会社は、小工事もあわせて年間1500件以上の工事を毎年させていただいています。その内、リピートやご紹介で仕事の依頼をいただくものが、最近は8割くらいにまでなってきました。数年前までチラシを毎月50万枚くらい新聞折込していましたが、いまではほとんどチラシを配っていません。その分の経費を「それからの暮らし」に役立ことに使って、ご紹介やリピートでお仕事いただく機会が増えれば、WIN-WINが成立しますよね。

・・・・・・・・・

Y君のことで落ち込んでいましたが、皆さんのあたたかいコメントで元気をいただきました。本当にありがとうございました。


人気blogランキング ←「めだかの学校」さんの独走になってしまいました~。

6月の初旬に配布される地域のフリーペーパーにこのブログの紹介記事が載ります。そのなかに「なんと人気blogランキングの地域情報近畿で1位(22日付)…」と書かれています。そんなわけで、せめてなんとか2位はキープしたいです。よろしくお願いしまーす。


(投票は1つのIPで1日1回有効。午前0時更新で最新7日間のトータル数で決まります。)


スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。