スポンサーサイト

--.--.-- (--) / スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8888達成! 八という数字

2005.05.31 (Tue) / 過去のブログ

7777を達成してから、更新しない日があったりしてペースダウン。1週間かかって、先ほど8888に到達しました。

キリ番踏んでくれたのは、またまたyahoo BBのプロバイダーの方でした。ありがとうございます! 「あっ!自分だ」と気がついた方、コメントくださいねー。

そんなんで、「八」という数字がちょっと気になって調べてみました。

八百屋、江戸八百八町、大阪の八百八橋、神様も八百万(やおろず)の神と言ったりして、“多くの”という意味で「八」という数字が使われます。また、同じ意味でも悪い方にも使われています。八方塞がり、八方美人、うそ八百などと言いますよね。

“多くの”という意味以外に、日本的には昔から「八」という字が“末広がり”で縁起が良いとされてきました。

字のカタチだけではなく、日本書紀にある神武天皇の勅語の一節「八紘を掩いて宇と成さんこと亦よからずや」(八紘一宇)という建国の理想なんていうのも、そのルーツとしてあるのかもしれません。

数字の8は横にすると∞(無限)になって先ほどの“多くの”の意味がもっともっと大きく広がっていきますし、「八」は「ヤ」「ヤー」とも読みますが、ヤーとは、ヘブライ語で神を意味する言葉だそうです。

無限や神の意味?? とにかく「八」はすごい数字なんですねー。

それと「八」という漢字はカタカナの「ハ」のもとになったといわれ、このカタカナの「ハ」という文字は、ヘブライ語の「ヘー(H)」という文字に似ているそうです。とくに、筆記体の形にそっくりで、イスラエルへ行って、カタカナの「ハ」を書けば、そのままヘブライ語の「ヘー」として立派に通用するそうです。


88ヘェー! 

(内容はあちこちのサイトから借用しました)


ブログ開始から、一昨日と昨日はじめて2日間連続書かなかったら、引越しなんかで環境がかわって落ち着かないのもあって、少し気が抜けてしまい、書くネタ思いつかなくて行き当たりばったりで書いてしまいました。


スミマセン、面白くなかったのわかっているのですが、ここ数日投票がめっきり少なくて… ぽちっと よろしくお願いします。
人気blogランキング






スポンサーサイト

COMMENT

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。